一部PRあり

バレンタイン 曲(昭和 歌謡曲 平成 J-POP など)

バレンタイン プレイリスト strawberry 2月音楽
2月音楽

バレンタインの定番曲やバレンタインに歌いたいカラオケソングを当サイト独自選曲。ベテラン世代からルーキー世代まで楽しめるよう各年代からもれなくセレクト。またバレンタインにちなんだ曲のプレイリストも載せているのでよかったら併せてご視聴ください。(🔗平成のバレンタイン曲は2ページ目をご参照)

バレンタイン曲プレイリスト:昭和CM定番曲など

スポンサーリンク

(各記事共通・免責事項等)
・当サイトは独自コンテンツ(個人ブログ)です。当ブログでも、統計や指標については一部引用などもふまえデータの客観性と公平性に努める所存です。ただし、記事および当サイト全体としてはあくまで個人的見解をふくむ個人ブログでです。ご利用にあたっては読者各位の自己責任でご判断いただくようお願い申し上げます。
・音楽の自作プレイリスト(編集著作物)著作権法、など。
詳しくは「プライバシーポリシー・免責事項(privacy policy page)」をご参照ください。

バレンタイン曲 昭和 定番曲

バレンタイン曲 昭和CM定番曲7選+
(プレイリスト順)
「バレンタイン・キッス」国生さゆり(Valentine Kiss – Kokusho Sayuri)
「野ばらのエチュード」松田聖子(Nobarano Etude – Matsuda Seiko)
「恋はじめまして」岡田有希子(Koi Hajimemashite – Okada Yukiko)
「もう逢えないかもしれない」菊池桃子(Mou Aenaikamoshirenai – Kikuchi Momoko)
「秋のIndication」南野陽子(Akino Indication – Minamino Yoko)
「ハッとしてGood!」田原俊彦(Hattoshite Good! – Tahara Toshihiko)
「約束」渡辺徹(Yakusoku – Watanabe Toru)
… and more


(年代順)
70年代
1976年「青春の坂道」 岡田奈々※ポッキー初代CMガール(1975年 – 1980年)
1977年「愛のメモリー」松崎しげる※百恵&友和グリコアーモンドチョコCMソング
1978年「季節の中で」松山千春※百恵&友和グリコアーモンドチョコCMソング
80年代
1980年「ハッとしてGood!」田原俊彦※グリコアーモンドチョコCMソング
1982年「野ばらのエチュード」松田聖子※グリコポッキーCMソング
1982年「約束」渡辺徹※グリコアーモンドチョコCMソング※小泉今日子
1984年「恋はじめまして」岡田有希子
1985年「もう逢えないかもしれない」菊池桃子
1987年「バレンタイン・キッス」国生さゆり
1987年「秋のIndication」南野陽子

…and more(順不同・敬称略)

1976年「青春の坂道」 岡田奈々

青春の坂道 · 岡田奈々(Nana Okada)
『握手しようよ』
PONY CANYON INC.

岡田奈々さんはチョコCMアイドルさきがけの一人。

1974年グリコアーモンドチョコCM※出演:森田健作、岡田奈々。奈々さんは当時デビュー前(15才)CMソングはオリジナルソング※🎁

(1974年初代ポッキーCM女優は栗田ひろみさん※ただし、当時はまだポッキーガールの名称前。)

1975年2代目ポッキーCM女優:岡田奈々さん※実質的には2代目ポッキーCM女優から「ポッキーガール」の名称がついたため、岡田奈々さんが「初代ポッキーガール」(1975年 – 1980年)🎁 🍫

当時のポッキーCMソング(ポキポキポッキー♪)はCMオリジナル曲のため、ここでは岡田奈々さんの人気定番曲「青春の坂道」を選曲。

1976年3月10日「青春の坂道」 岡田奈々(4thシングル、作詞:松本隆、作曲:森田公一、編曲:瀬尾一三、NAVレコード(現・ポニーキャニオン)
※収録アルバム:1976年8月25日発売『握手しようよ』


昭和の「坂道」といえば岡田奈々さん。いまの時代「坂道」アイドルといえばガールグループだが、もしかして秋元康先生の坂道シリーズ発想のきっかけには岡田奈々さんの曲が?(※個人の妄想です笑)

なお、岡田奈々さんのバレンタインに聴きたい曲といえば「雨のささやき」というしっとりとした名曲も。そちらは別記事に掲載。(関連記事)

1977年「愛のメモリー」松崎しげる

愛のメモリー
松崎 しげる
JVCKENWOOD Victor Entertainment

70年代青春世代には絶対的におなじみ友和&百恵コンビのグリコCMソング。
1977年グリコアーモンドチョコ(パリ・リヨン編)CMソングとして大ヒットしたのがこちらもいわずとしれた元トミーとマツで一世を風靡した松崎しげる兄の代表曲「愛のメモリー」🍫

1978年「季節の中で」松山千春

季節の中で(Kisetsuno nakade)松山千春(Matsuyama Chiharu)
『起承転結』
Pony Canyon Inc.

1978年8月21日発売「季節の中で」松山千春(5thシングル)
※こちらは友和さん海岸でのCMシーンが印象的なグリコアーモンドCMソング

1980年「ハッとしてGood!」田原俊彦

ハッとして!GOOD -2010 New Recording-
田原俊彦オフィシャルYouTubeチャンネル

1980年10月6日付「ハッとして!Good」田原俊彦※グリコ「アーモンドチョコレート/セシルチョコレート」CMソング※1980年デビュー俊ちゃん聖子ちゃん共演でおなじみ。「カリっと青春」な80年代歌謡曲の定番ソング🍫

(関連記事)「【1980年グリコCMロケ地】あの赤い「高原のテレフォンボックス」のロケ地は?(昭和55年邦楽)10月ヒット曲付録

1982年「野ばらのエチュード」松田聖子

80年代初めのバレンタインシーズンのグリコチョコCMは聖子ちゃん一色。
1980年CMソング「風立ちぬ」、1981年オリジナルCM曲、1982年「野ばらのエチュード」。1982年当時すでに国民的アイドルとして大人びた雰囲気も醸していたが当時まだ聖子ちゃん20才。「ヒュルリラー♪」でおなじみだが若干二十歳の一途な恋心を歌ったこの曲の歌詞をバレンタインの機会にチョコと一緒に味わってみては?

1982年「約束」渡辺徹

1982年8月25日発売「約束」渡辺徹(2ndシングル、作詞:大津あきら、作曲:鈴木キサブロー、レーベル EPIC・ソニー)※グリコアーモンドチョコCMソング(デビュー当時のキョンキョンこと小泉今日子さんと共演)。🎁, 🍫

1984年「恋、はじめまして」岡田有希子

岡田有希子「ーDreaming Girlー恋 はじめまして」MV
岡田有希子ポニーキャニオン公式チャンネル

1984年9月21日「-Dreamimg Girl- 恋、はじめまして」岡田有希子(3rdシングル、作詞・作曲:竹内まりや、編曲:荻田光男)※グリコセシルチョコCM(恋、はじめまして編)🍫 ※ちなみにロケ地は軽井沢周辺。CMに登場する「乙女坂」は撮影用に設置された架空のバス停。テニスコートはおそらく上皇様ご夫妻が出会った由緒正しき軽井沢会テニスコートか(🔗地図)。当時まだデビュー後の初々しさが残るユッコさんが歌った竹内まりやさん提供曲は初めてバレンタインチョコを上げる年頃の娘さま方の応援歌にぴったりではないでしょうか。

1985年「もう逢えないかもしれない」菊池桃子

もう逢えないかもしれない · 菊池桃子
VAP INC.

1985年9月26日発売「もう逢えないかもしれない」菊池桃子(6thシングル、作詞:康珍化、作曲:林哲司)※グリコポッキーCMソング🍫

1987年「バレンタイン・キッス」国生さゆり

1986年2月1日発売「バレンタイン・キッス」国生さゆり(with おニャン子クラブ)(作詞:秋元康、作曲:瀬井広明、1stシングル)
※バレンタインの歌といえばこの曲。80年代後半(1986年)昭和61年のおニャン子全盛期の会員番号8番国生さゆりさんのソロデビュー曲。おニャン子の曲は当時はTV番組企画の勢いが注目された向きもあれど。この楽曲は50年代洋楽ポップスのオールディーズ風のスタイルが長く愛される秘訣鴨。令和のいまでも2月になると聴きたくなる人も多い、まさに日本のバレンタインの歌の代表曲の一つ。
※収録アルバム:
1986年7月16日国生さゆり1stアルバム『PEP TALK (ペップ・トーク)』

1987年「秋のindication」南野陽子

南野陽子の9枚目のシングル。
1987年9月23日「秋のindication」南野陽子(9thシングル、CBS・ソニー)※グリコチョコCM 🍫

昭和 チョコCMソング

以下、プレイリスト収録曲などを(曲数が多いのでとりあえず曲名やタイアップ情報のみ中心ですがどうぞあしからず。)

80年代チョコCMソングのうち昭和女性アイドル歌謡曲とのタイアップ・チョコCMを中心にピックアップ。
(1980年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど:
※1980年グリコポッキーCMソング「風立ちぬ」松田聖子※デビュー年当時秋冬CMで日本の観光地を旅する聖子ちゃんが話題になったCM🎁
1981年10月7日発売「風立ちぬ」松田聖子(7thシングル、作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一、編曲:多羅尾伴内/ストリングスアレンジ:井上鑑)
(1981年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど:
1981年ロッテ・ガーナチョコレートCMソング:
「センチメンタル・ジャーニー」松本伊代
1981年グリコ・ポッキーCMソング:
「野ばらのエチュード」松田聖子※収録アルバム『Candy』
(1982年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど:
1982年グリコ・セシルチョコCMソング:
「バカンスはいつも雨」杉真理※収録アルバム『STARGAZER』
※堀ちえみ出演。傘をさして誰かを待つちえみさんがかわいらしかった。
(1983年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど
(備考)1983年グリコポッキーCM(松田聖子出演※CMソングはオリジナル曲)(1984年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど
1984年グリコ・セシルチョコCMソング:「恋はじめまして」岡田有希子
(1985年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど:
・ 1985年グリコ・ポッキーCMソング:
「もう逢えないかもしれない」菊池桃子
1985年グリコ・セシルチョコCMソング:
「Love Fair」岡田有希子
(1986年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど
1986年グリコ・ポッキーCM本田美奈子出演※CMソングはCMオリジナル曲)
※プレイリストには「讚美歌は歌えない」本田美奈子『M’シンドローム』
1986年※CMソングではないが歌詞にバレンタインデー・チョコレートの曲:
「走りゆく明日」立花理佐※『初恋神話(ファースト・ラヴ) 』収録
(1987年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど
1987年グリコ・セシルチョコCMソング:「秋のIndication」南野陽子
(1988年)昭和女性アイドル・チョコCMソングなど:
1988年グリコ・セシルチョコCMソング:「秋からも、そばにいて」南野陽子
(備考)80年代年チョコCMソング(昭和女性アイドル系)ということでとりあえず1980年(昭和55年)から1988年(昭和63年)までをざっとまとめ。ちなみに、もちろんグリコ以外のCMも素敵なCMがあったのですが以下の理由でタイアップCMソングの選曲が難しかったのでどうぞあしからず汗。
※明治チョコレートCMソングは中森明菜さんなど出演したがCMソングは例の「チョッコレイト、チョッコレイト、チョコレイトは明治」という明治チョコCMオリジナル曲。なので選曲迷い中。
※ロッテチョコレートCMソングは80年代ガーナチョコ出演アイドルでは1981年松本伊代さん1982年以降小泉今日子さんなどが出演。ただ、オリジナルCM曲が多いためタイアップ曲はおそらく伊代さんのセンチメンタルジャーニーだけ?個人的にも80年代ガーナチョコといえばキョンキョンの印象が強かったがよく再確認したらタイアップ曲はなかなか見つからず(※個人の感想。もれがあるかも)選曲迷い中。

昭和アイドル男性歌謡曲など

「黄色い麦わら帽子 松崎しげる 1972(グリコアーモンドチョコCMソング)
・青春のバラード〜ひとつぶの涙〜 3:08 森田 健作 Kayokyoku 1973(グリコアーモンドチョコCMソング)
・両手いっぱいの明日 2:36 森田 健作 ゴールデン★ベスト 森田健作 Kayokyoku 1974(グリコアーモンドチョコCMソング)
・青春の坂道 3:44 岡田奈々 1974(グリコアーモンドチョコCM出演岡田奈々※CMソング:チェリッシュ「青春の坂道」未配信のため岡田奈々さんverを収録)
・君によせて 3:03 ふきのとう 風待茶房 J-Pop (※グリコチョコcm曲のはずだが詳細不明)
・白い帆を上げて 4:40 ふきのとう Sketch J-Pop(※グリコチョコcm曲のはずだが詳細不明)
・青春の影 3:20 チューリップ TAKE OFF 離陸 J-Pop 1975(グリコアーモンドチョコcm曲)
・私の歌 4:25 松崎しげる 1976(グリコアーモンドチョコcm曲)
・愛のメモリー 2012 ver. 4:27 松崎しげる 1977(グリコアーモンドチョコcm曲※CM出演三浦友和リヨン編)
・季節の中で 3:15 松山千春 起承転結 Kayokyoku 1978(グリコアーモンドチョコcm曲)
・道標ない旅 4:36 永井龍雲 道標ない旅 – Single J-Pop 1979(グリコアーモンドチョコcm曲)
・いま目覚めた子供のように 3:58 山口百恵 横須賀ストーリー Kayokyoku(70年代グリコチョコCMといえば山口百恵さん※ただオリジナルCM曲が殆どなので百恵さんで管理人が好きな曲を)
(関連記事)バレンタイン プレイリスト(2):(citypop soul 選曲)《Bitter Chocolate Beauty》

「悲しみ2(too)ヤング」 田原俊彦
「ハッとして!Good」
「AGAIN ―アゲイン」渡辺徹
「愛の中へ」渡辺徹
「約束」渡辺徹 ※この場をお借りして謹んで故渡辺徹さんのご冥福をお祈り申し上げます。

さるナイヅ山
さるナイヅ山

(本当に徹兄さんの曲は私たちの青春ソングそのものでした泣)

とらナイヅ寅
とらナイヅ寅

すいません80年代男性アイドルは個人的にプレイリストのトリで聴きたかったので最後の方においてます。(渡辺徹さん約束とか朝から聴いたら泣いちゃうから(´;ω;`)ウゥゥ)

・バレエ《くるみ割り人形》
・恋人達のペイヴメント THE ALFEE
・HEART OF RAINBOW ~愛の虹を渡って~ チェッカーズ
・君がいるだけで 米米CLUB(※チョコCMじゃないが聞きたくなった曲)

チョコレート 歌 chocolate songs playlist J-Diva DaJare mix
chocolate songs(short playlist) chocolate son...

バレンタイン カラオケ曲

バレンタインに歌いたいカラオケ曲の当サイト独自セレクトはこちら。
「約束」渡辺徹
「愛のメモリー」松崎しげる
「ハッとしてGood!」田原俊彦
「恋はじめまして」岡田有希子
「もう逢えないかもしれない」菊池桃子
「秋のIndication」南野 陽子
「プライマル」オリジナルラブ
選曲コメント:
・管理人が男なので聴きたい曲は女性中心だが歌いたい曲は男性中心。とくに、70年代友和&百恵のグリコCMソングしげる兄の「愛のメモリー」と80年代渡辺徹&キョンキョンの「約束」などは甲乙まじでつけ難し。今回は徹さん追悼もあり「約束」を一位に選定。郁恵さん御遺族皆様にこの場をお借りして改めて哀悼を捧げます。
・70年代「愛のメモリー」ではやはりヨーロッパ旅行編が痺れますね。あの寝台列車の窓際でアーモンドグリコを「カリッと青春」するシーンは管理人も卒業旅行で欧州旅のときにマネしました(笑)。もうわが心のバレンタイン歌いたい曲筆頭候補。
・ゆえに国生さん「バレンタイン・キッス」などはぜひカラオケで女性に歌ってもらいたい曲なのでこのランキングからは対象外。もちろん合いの手は全力で応援(笑)
・あとはやっぱり昔のチョコCMソングが多いですね。できれば中森明菜さんが歌った明治のちょっこれいとCMソングとかも入れたいぐらい。
・「プライマル」は純粋なバレンタインの曲ではないかもですが2月の雪などが歌詞におりこまれている2月ソング。
(※小泉今日子出演CMソング)

(次ページ)平成

テキストのコピーはできません。