1947年 昭和22年 邦楽

1940年代 音楽
1940年代 音楽

Nippon Columbia Co., Ltd.
アーティスト タイトル (フォーマット) カタログ # 年 
霧島昇 ・ 渡邊はま子 / 藤山一郎 青春の約束 / 嘆きの小鳩 ‎(Shellac, 10″) A 194 1947 藤山一郎 / 渡邊はま子 懐しのボレロ / 長崎のお蝶さん 2 バージョン A 222 1947
Henry Fillmore And His Band The Whistling Farmer Boy / The Whistler And His Dog ‎(Shellac, 10″, RE) M 53 1947
Henry Hall & His Orchestra Blue Moon / Speak To Me Of Love ‎(Shellac, 10″) M 59 1947
Billy Cotton and His Band Gipsy Moon / Dinah ‎(Shellac, 10″) M 60 1947
Kanui And Lula* Tomi, Tomi / Oua, Oua ‎(Shellac, 10″) M 66 1947

1950年(昭和25年)
アメリカ(米国)
ポピュラー音楽人気ジャンル

  • カントリー
  • R&B
  • ジャズ、など…

1950年代洋楽ヒット曲
アメリカの洋楽ポップス懐メロ(オールディーズ)
ジャンルやアーティスト(女性歌手など)

メモ 懐メロに関する英語表現(カッコ内の英語)
50年代 懐メロ( 50s goledn oldeies)
50年代 洋楽 オールディーズ(50s western music golden oldies)
1950年(昭和25年) 合衆国 ポピュラー音楽 ヒット曲(1950 showa 25 US popular music)

1950年代 洋楽 ヒット曲

《1950年代洋楽ヒット曲特集》
1950年から1959年まで年別に当時のヒット曲やオールディーズ(懐メロ)を紹介。
国別・年別にジャンルやアーティストをピックアップ。

(1)1950年 アメリカ ポピュラー音楽

年代:1950年代 洋楽 ヒット曲 – 50s オールディーズ(懐メロ)
年:1950年アメリカ音楽(昭和25年米国ポピュラー音楽)
ジャンル:カントリー R&B
アーティスト:女性歌手特集

今回は、1950年(昭和25年)のアメリカ 特集。
1950年アメリカ(米国)ポピュラー音楽で人気のあったジャンルごとに女性歌手のヒット曲など。

50s western music golden oldies
1950 US popular music hit songs
*1950 – showa 25

1950年 米国ポピュラー音楽 人気ジャンル

1950 Most Popular Music Styles in US

source: Data Is Beautiful – Most Popular Music Styles 1910 – 2019

ジャンル名(英語 Music style, genre)

  1. カントリー Country
  2. リズムアンドブルース R&B
  3. ジャズ Jazz
  4. ビバップ Bebop
  5. シャンソン Chanson
  6. バラード Ballad
  7. クラシック Classical
  8. ゴスペル Gospel
  9. マンボ Mambo
  10. オペラ Opera

ここでは、
1950年アメリカのポピュラー音楽で人気のあった、カントリー、リズムアンドブルースのジャンルから、ヒット曲やアーティストなどを紹介。女性歌手の特集も。

(メモ)ちょいと補足。

(1)出典元データについて
アメリカ(米国)のジャンルについては上の画像の出典元の動画をご参照。米国でも評判の動画。
自分もそうでしたが従来の日本語文献などでは曖昧だったジャンル神話がかなり視界良好に。
(ただ、彼のデータはSpotifyのビックデータを集計したものだそう。つまり現在のSpotifyのジャンル分けがどこまで正確かというグレーゾーンは残るやもしれない。とはいえ、音楽ジャンル(米英語ではmusic style)はそもそもグレーな部分もあるものなので、彼の労作は大いに参考になるのではと思う。)

さて、このデータをもとに、筆者の見解を2点ほど。

(2)米国ポピュラー音楽史におけるジャンルの流れ
音楽通の方には1950年代米国といえばジャズが浮かぶ人もいるかもしれない。
1950年代は昭和25年~34年。日本では戦後のビバップが熱かった頃。
1953年に秋吉敏子さんとナベサダさんが出会い。

実際は、この統計にあるように、第3位だったそう。
ジャズの歴史でいえば、
1920年代半ば(1925年)にジャズというジャンルが登場。いわゆるフィッツジェラルドの「ジャズ・エイジ」。
1930年代半ば(1934年)にジャズが人気ジャンルのトップに。いわゆる「スウィング・ジャズ」。サッチモ、グッドマン、エリントンの頃。
1934年から1945年第3四半期まではジャズの黄金時代。上記データによれば米国でも他の追随をゆるさぬ1番人気。
1941年ビバップ誕生。モダンジャズ隆盛。

ただ、
1945年第4四半期には、カントリーが人気ジャンルトップに返り咲き。
(筆者の想像だ。おそらく太平洋戦争と愛国心などの世論との関係?)
また1945年はリズムアンドブルースというジャンルが登場した年。

1946年からはカントリー第1位はかわらず、第2位の座をジャズからリズムアンドブルースが追い上げる構図。
1949年第4四半期に第2位がリズムアンドブルースとなり、とうとうジャズを追い越す。

1950年とは、米国ポピュラー音楽史のジャンルの流れでみればそんな年。

(2)50年のジャズ
結論からいうと、ここではあまりふれず別の機会としたい。
米国の50年代は、40年代ビバップからつづく、モダンジャズの時代。
日本の1950年は進駐軍相手のジャズが熱かった頃。多くのジャズバンドが活動。
ちなみに、
秋吉敏子さんはデビュー3年目頃。(着物を着てピアノを弾き始めたのはいつか不明)
ナベサダさんは宇都宮で16才高校生でクラリネットで演奏。(2年後高校3年生でサックスに出会う)

寅山
寅山

私のジャズはほぼナベサダさん基準(笑)

1950年 米国 カントリー ヒット曲

1950年 米国 カントリー ヒット曲(1950 US Country hit songs)

1950 February 4 “Chattanoogie Shoe Shine Boy” Red Foley

Red Foley Chattanooga Shoe Shine Boy (with lyrics)

Source: Red Foley Chattanooga Shoe Shine Boy (with lyrics) – vinyhilist
曲 Chattanoogie Shoe Shine Boy
アーティスト Red Foley
アルバム Country Jubilee, Vol. 2
Writers Jack Stapp, Harry Stone
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 UMG(Turntable Recordings LTD の代理); ASCAP, EMI Music Publishing, CMRRA, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA – UBEM, BMI – Broadcast Music Inc., Sony ATV Publishing, Music Sales (Publishing), UMPI, Warner Chappell, LatinAutor – SonyATV, LatinAutor, AMRA、その他 7 件の楽曲著作権管理団体

1950 September 16 “I’m Movin’ On” Hank Snow [43]

1950 Hank Snow – I’m Moving On (#1 C&W hit)

Source : 1950 Hank Snow – I’m Moving On (#1 C&W hit) the 78prof
曲 I’m Movin’ On
アーティスト Hank Snow and his Rainbow Ranch Boys
アルバム Best Of Country Legends
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 SME(Ariola Express の代理); UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA – UBEM, LatinAutor, Warner Chappell, CMRRA、その他 7 件の楽曲著作権管理団体

December 23 “If You’ve Got the Money I’ve Got the Time” Lefty Frizzell [56]

If You've Got the Money I've Got the Time (Lefty Frizzell)

Source: If You’ve Got the Money I’ve Got the Time (Lefty Frizzell) – Zeke and Opie
曲 If You’ve Got the Money, I’ve Got the Time
アーティスト Lefty Frizzell
アルバム The Collection ’50-’59
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 SME(Ideal Music の代理); Peermusic, BMI – Broadcast Music Inc., CMRRA, LatinAutor, LatinAutor – PeerMusic, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA – UBEM、その他 5 件の楽曲著作権管理団体

Lefty Frizzell ended the year at number one with his debut chart-topper, “If You’ve Got the Money I’ve Got the Time”.
Columbia Records – This file was derived from: Lefty Frizzell Columbia publicity.jpg:
Lefty Frizzell

Public Domain
File:Lefty Frizzell Columbia publicity – cropped.jpg
Created: 1 January 1951


1950 US billboardTOP100 country

Chart history
Most-Played Juke Box (Country & Western) Records
A dark-haired man wearing a neckerchief, a shirt with fringes dangling from the sleeves, and pants with a guitar pictured on them, smiling broadly while leaning on a guitar
Lefty Frizzell ended the year at number one with his debut chart-topper, “If You’ve Got the Money I’ve Got the Time”.
Issue date Title Artist(s) Ref.
January 7 “Blue Christmas” Ernest Tubb [10]
January 14 “Blues, Stay Away From Me” The Delmore Brothers [1]
January 21 “Slipping Around” Margaret Whiting and Jimmy Wakely [11]
January 28 “Take Me in Your Arms and Hold Me” Eddy Arnold [12]
February 4 “Chattanoogie Shoe Shine Boy” Red Foley [13]
February 11 [14]
February 18 [15]
February 25 [16]
March 4 [17]
March 11
March 18 [18]
March 25 [19]
April 1 [20]
April 8 [21]
April 15 [22]
April 22 [23]
April 29 [24]

May 6 “Long Gone Lonesome Blues” Hank Williams [25]
May 13 [26]
May 20 [27]
May 27 [28]
June 3 “Birmingham Bounce” Red Foley [29]
June 10 [30]
June 17 “I’ll Sail My Ship Alone” Moon Mullican [31]
June 24 [32]
July 1 [33]
July 8 [34]
July 15 “M-I-S-S-I-S-S-I-P-P-I” Red Foley [35]
July 22 “Why Don’t You Love Me” Hank Williams
July 29 [36]
August 5 [37]
August 12 [38]
August 19 [39]
August 26 “Goodnight, Irene” Red Foley and Ernest Tubb [40]
September 2 [41]
September 9 [42]
September 16 “I’m Movin’ On” Hank Snow [43]
September 23 [44]
September 30 [45]
October 7 [46]
October 14
October 21 [47]
October 28 [48]
November 4 [49]
November 11 [50]
November 18 [51]
November 25 [52]
December 2 [53]
December 9 [54]
December 16 [55]

December 23 “If You’ve Got the Money I’ve Got the Time” Lefty Frizzell [56]
December 30 [57]

Best-Selling Retail Folk (Country & Western) Records
A man wearing a light-coloured cowboy hat, neckerchief and dark jacket
Red Foley had three number ones on the best sellers chart.
Issue date Title Artist(s) Ref.
January 7 “Slipping Around” Margaret Whiting and Jimmy Wakely [10]
January 14 [1]
January 21 [11]
January 28 [12]
February 4 “Chattanoogie Shoe Shine Boy” Red Foley [13]
February 11 [14]
February 18 [15]
February 25 [16]
March 4 [17]
March 11
March 18 [18]
March 25 [19]
April 1 [20]
April 8 [21]
April 15 [22]
April 22 [23]

April 29 “Long Gone Lonesome Blues” Hank Williams [24]
May 6 [25]
May 13 [26]
May 20 [27]
May 27 “Birmingham Bounce” Red Foley [28]
June 3 “Long Gone Lonesome Blues” Hank Williams [29]
June 10 “Birmingham Bounce” Red Foley [30]
June 17 “Why Don’t You Love Me” Hank Williams [31]
June 24 “Birmingham Bounce” Red Foley [32]
July 1 [33]
July 8 “Why Don’t You Love Me” Hank Williams [34]
July 15 [35]
July 22 “I’ll Sail My Ship Alone” Moon Mullican
July 29 “Why Don’t You Love Me” Hank Williams [36]
August 5 [37]
August 12 [38]
August 19 “I’m Movin’ On” Hank Snow [39]
August 26 “Goodnight, Irene” Red Foley and Ernest Tubb [40]
September 2 [41]
September 9 “I’m Movin’ On” Hank Snow [42]
September 16 [43]
September 23 [44]
September 30 [45]
October 7 [46]
October 14
October 21 [47]
October 28 [48]
November 4 [49]
November 11 [50]
November 18 [51]
November 25 [52]
December 2 [53]
December 9 [54]
December 16 [55]
December 23 [56]
December 30 [57]

Country & Western Records Most Played By Folk Disk Jockeys
A man in a light jacket and cowboy hat, playing a guitar at a microphone
Hank Williams spent a total of 19 weeks at number one on the jockeys chart.
Issue date Title Artist(s) Ref.
January 7 “Rudolph the Red-Nosed Reindeer” Gene Autry [10]
January 14 “I Love You Because” Leon Payne [1]
January 21 “Chattanoogie Shoe Shine Boy” Red Foley [11]
January 28 “I Love You Because” Leon Payne [12]
February 4 “Chattanoogie Shoe Shine Boy” Red Foley [13]
February 11 [14]
February 18 [15]
February 25 [16]
March 4 [17]
March 11
March 18 [18]
March 25 [19]
April 1 [20]
April 8 [21]
April 15 [22]

April 22 “Long Gone Lonesome Blues” Hank Williams [23]
April 29 “Chattanoogie Shoe Shine Boy” Red Foley [24]
May 6 “Long Gone Lonesome Blues” Hank Williams [25]
May 13 [26]
May 20 [27]
May 27 [28]
June 3 [29]
June 10 [30]
June 17 [31]
June 24 “Why Don’t You Love Me” Hank Williams [32]
July 1 [33]
July 8 [34]
July 15 [35]
July 22
July 29 [36]
August 5 [37]
August 12 [38]
August 19 [39]
August 26 [40]
September 2 “I’m Movin’ On” Hank Snow [41]
September 9 [42]
September 16 [43]
September 23 [44]
September 30 [45]
October 7 [46]
October 14
October 21 [47]
October 28 [48]
November 4 [49]
November 11 [50]
November 18 [51]
November 25 [52]
December 2 [53]
December 9 [54]
December 16 [55]
December 23 [56]

December 30 “Moanin’ the Blues” Hank Williams [57]

source: wikipedia, List of Billboard number-one country songs of 1950

1950年 米国 リズムアンドブルース ヒット曲

1950年 米国 リズムアンドブルース ヒット曲 1950 US R&B hit songs

February 18: “I Almost Lost My Mind” Ivory Joe Hunter (5 weeks)*

I Almost Lost My Mind by Ivory Joe Hunter 1950

Source: I Almost Lost My Mind by Ivory Joe Hunter 1950 – jukejointjohnny48
曲 I Almost Lost My Mind
アーティスト Ivory Joe Hunter
アルバム California Cool Club Blues. The Ultimate Chill Out
Writers Ivory Joe Hunter
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 The Orchard Music(Giant Step Records の代理); CMRRA, Warner Chappell, PEDL、その他 2 件の楽曲著作権管理団体


<広告>I Almost Lost My Mind (4 Stars) アイヴォリー・ジョー・ハンター 2012/11/8

Amazon Music Unlimited を始めて、6,500万曲以上の楽曲を楽しもう。Amazonプライム会員のお客様は、プライム会員限定の特別価格でご利用いただけます。
ストリーミング Unlimited Amazon Musicアプリを 無料ダウンロード
MP3 ¥1,000
CD ¥1,299 より

作曲家の誰かに似てる。


March 4: “Double Crossing Blues” — Johnny Otis Quintette, The Robins, and Little Esther (9 weeks) – SAVOY 731★

Johnny Otis Quintette and Little Esther-Double Crossing Blues

source: Johnny Otis Quintette and Little Esther-Double Crossing Blues – TravelerIntoTheBlue

曲 Double Crossing Blues
アーティスト IM All-Stars
アルバム Forever Jazz Greatest Hits, Vol. 2
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 Colonize Media(IM Music Group の代理); SOLAR Music Rights Management, EMI Music Publishing

リトルエスターこと若き日のエスターフィリップのいなたいボーカルが聞ける彼女のデビュー曲。ブルースのジョニーオーティスがクインテットを組んでコラボしているのも珍しい。1950年のR&Bチャートでも9週間1位。個人的にこの年のR&Bチャート1位の曲でイチオシ。

Double Crossing Blues is a 1950 collaborative song by the Johnny Otis Quintette, The Robins, and Little Esther. The song was written by Johnny Otis. It was released as a 78 single on Savoy Records, 731-A, in 1950.The single went to number one on the R&B chart.The single was the debut single for Esther Phillips, who at the time of “Double Crossing Blues” release was fourteen years old, becoming the youngest female singer to have a number-one single on the R&B chart.

wikepedia

May 27: “Pink Champagne” Joe Liggins and His Honeydrippers (13 weeks)*

1950 Joe Liggins – Pink Champagne (#1 R&B hit for 13 weeks)

Source: 1950 Joe Liggins – Pink Champagne (#1 R&B hit for 13 weeks) – the78prof
曲 Pink Champagne
アーティスト Joe Liggins
アルバム Eat Drink and Be Merry
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 UMG(Cherished Records の代理); LatinAutor, LatinAutor – SonyATV, SOLAR Music Rights Management, BMG Rights Management, CMRRA, BMI – Broadcast Music Inc., Sony ATV Publishing, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA – UBEM、その他 1 件の楽曲著作権管理団体

記録上はこの曲が13週間1位。

なぜだろう。ピンクシャンパンというタイトルが良かったのか。ちなみに1975年にセルフカバーしているがこの曲の駄作ぶりがみえてツライ。なんてことを書くとクレームがつきそうなのでこの文は時限付きで削除予定。味はあるんでしょう。

September 9: “Blue Light Boogie” (Parts 1 & 2) — Louis Jordan and His Tympany Five (7 weeks) – DECCA 27114

Jordan, Louis And His Tympany Five – Blue Light Boogie Part 2 – 1950

Source: Jordan, Louis And His Tympany Five – Blue Light Boogie Part 2 – 1950 – Choock5219
曲 Blue Light Boogie (Pts. 1 & 2 / Single Version)
アーティスト Louis Jordan & His Tympany Five
Writers Jessie Mae Robinson
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 UMG(GRP の代理); ARESA, BMI – Broadcast Music Inc., BMG Rights Management, CMRRA, AMRA、その他 2 件の楽曲著作権管理団体

動画投稿者の方によれば、ルイス・ジョーダン(Louis Jordan)は「リズムアンドブルースの父」で「ロックンロールの祖父」としてロックの殿堂に表されているとのこと。

Jordan is described by the Rock and Roll Hall of Fame as “the Father of Rhythm & Blues” and “the Grandfather of Rock ‘n’ Roll

Jordan, Louis And His Tympany Five – Blue Light Boogie Part 2 – 1950 – Choock5219

December 9: “Teardrops from My Eyes” — Ruth Brown (11 weeks)* – ATLANTIC 919

Ruth Brown – Teardrops From My Eyes

Source: Ruth Brown – Teardrops From My Eyes – pappyredux

曲 Teardrops from My Eyes
アーティスト Ruth Brown
アルバム Rock & Roll + Miss Rhythm (Bonus Track Version)
YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 The Orchard Music(Yeah Mama Records の代理); Warner Chappell, BMI – Broadcast Music Inc.

ミス・リズムともいわれたロックンロール初期のR&Bディーバ。いやロックンロールの女王といっても過言でないかもしれないルース・ブラウンさま。(なにせイニシャルがRBで1957年の初アルバムタイトルはその名もずばり『Rock & Roll』。というのは親愛なるアトランティック・現ワーナーブラザーズさんのレビューのウケウリですが。)

この曲(Teardrops from my eyes)はそんな彼女の最初期のヒット曲。参考動画ではうら若きミスリズム嬢がはつらつとしたアップテンポを聞かせてくれます。

1950
February 18: “I Almost Lost My Mind” — Ivory Joe Hunter (5 weeks)* – M-G-M 10578
March 4: “Double Crossing Blues” — Johnny Otis Quintette, The Robins, and Little Esther (9 weeks) – SAVOY 731
April 15: “Mistrusting Blues” — Little Esther with Mel Walker and the Johnny Otis Orchestra (4 weeks) – SAVOY 735
May 13: “I Need You So” — Ivory Joe Hunter (2 weeks) – M-G-M 10663
May 27: “Pink Champagne” — Joe Liggins and His Honeydrippers (13 weeks)* – SPECIALTY 355
July 8: “Cupid’s Boogie” — Johnny Otis Orchestra, Little Esther, and Mel Walker (1 week) – SAVOY 750
August 19: “Hard Luck Blues” —; Roy Brown (3 weeks) – DELUXE 3304
September 2: “Mona Lisa” —; Nat “King” Cole (4 weeks) – CAPITOL 1010
September 9: “Blue Light Boogie” (Parts 1 & 2) — Louis Jordan and His Tympany Five (7 weeks) – DECCA 27114
October 28: “Blue Shadows” — Lowell Fulson (4 weeks) – SWING TIME 226
November 4: “Anytime — Any Place — Anywhere” — Joe Morris and His Orchestra (4 weeks)* – ATLANTIC 914
November 25: “Please Send Me Someone to Love” — Percy Mayfield (2 weeks)* – SPECIALTY 375
December 9: “Teardrops from My Eyes” — Ruth Brown (11 weeks)* – ATLANTIC 919

Source: List of Billboard number-one rhythm and blues hits
From Wikipedia, the free encyclopedia


個人的には時系列が好みなんです。もしランキングで知りたければ以下のようになるでしょう。
#1 ピンク・シャンパン – ジョー・リギンス・アンド・ハニードロッパーズ(13週間)
#2 ティアドロップフロムマイハート – ルース・ブラウン(11週間)
#3 ブルー・ライト・ブギー – ルイ・ジョーダン・アンド・ヒズ・ティンパニー・ファイブ(7週間)

I prefere to display as timeline, but if you wanna know as ranking they will be down as below;

1950 R&B hit ranking (by billboard #1 chart weeks)

#1 May 27: “Pink Champagne” Joe Liggins and His Honeydrippers (13 weeks)*

#2 December 9: “Teardrops from My Eyes” — Ruth Brown (11 weeks)* – ATLANTIC 919

#3 September 9: “Blue Light Boogie” (Parts 1 & 2) — Louis Jordan and His Tympany Five (7 weeks)– DECCA 27114

#4 February 18: “I Almost Lost My Mind” Ivory Joe Hunter (5 weeks)*


ジャズ Jazz

ビバップ Bebop

シャンソン Chanson

バラード Ballad

クラシック Classical

ゴスペル Gospel

マンボ Mambo

オペラ Opera


1950年 アメリカ 女性歌手 女性グループ

1950年アメリカの女性歌手や女性グループのオールディーズ名曲選。

女性演歌歌手や昭和アイドルだけでなく米国女性ソウルシンガーやコーラスグループや女流ポピュラー歌手など女性アーティスト全般を敬愛する管理人が気ままにピックアップしてこの年の注目女性歌手・女性グループをとりあげます。

えこひいきですか?もちろんです(笑)

リトル・エスター(エスター・フィリップス Esther Phillips)

Esther Phillips
Esther Phillips 1976.png
Phillips in 1976
Background information
Birth name Esther Mae Jones
Also known as Little Esther Phillips
Born December 23, 1935
Galveston, Texas, US
Died August 7, 1984 (aged 48)
Carson, California, US
Genres R&B, blues, pop, country, jazz, soul
Occupation(s) Vocalist
Years active 1949–1984
Labels Atlantic, Kudu, Mercury, Lenox

エスター・フィリップス(Esther Phillips)。この名前に特別な感情を抱くサザンソウルファンも多いのではないでしょうか。

1950年に15歳でリトルエスターとしてデビューしヒットを飛ばすもこの年の終わりにソロに転向してから数年はヒットに恵まれず麻薬中毒に。1954年には故郷テキサスに帰り父親のもとで療養をしていたものの経済的に困窮して地元のナイトクラブで歌うように。その姿をケニー・ロジャースが見つけ再帰を支援。1962年”Release me”のヒットでカムバック。その後ソウルシーンで活躍するも麻薬との悪い縁が立ち切れず波乱万丈の歌手生活を送り1984年に48歳の若さでお亡くなりになられました。

しかし独特の哀愁と包み込むような低音が印象的な彼女のヴォーカルはサザンソウルファンにとって南部の乾いた土地を感じさせる女性ソウルとして根強い人気があるのではと思います。

私事ながらかくいう私も高校時代にピーターバラカン氏のラジオ(ロンドン発…)で”What is soul”というソウルミュージックの特集で耳にして以来なぜか特別な印象を持った歌手でした。

昭和25年(1950年)といえば美空ひばりさんのデビュー2年目にあたり「東京キッド」に出演した年。偉大な歌手というだけでなく私生活も立派で歌手の鏡のような大歌手ひばりさんを引き合いにだすのはかなり不躾かもしれません。

ただ同じ昭和20年代後半にデビーし哀しくも波瀾万丈の歌手人生をおくられた初期R&B女性歌手のMs.エスター・フィリップス。50年代(昭和20年代後半)から活躍した初期R&Bそしてソウルミュージック黎明期のディーバのひとりとしてその名を記憶にとどめていただければと思います。

ルース・ブラウン Ruth Brown

ルース・ブラウン
本名:ルース・アルストン・ウェストン
プロフィール:ルース・ブラウン(1928年1月30日、米国バージニア州ポーツマス生まれ、2006年11月11日死去、米国ネバダ州ヘンダーソン)。アメリカのソウル、ブルース、ジャズ歌手。 1948年、アフメット・エルテグンは彼女をアトランティクと契約。ウィリス・ジャクソンと結婚。 1949年から1955年の間、彼女の歌は5つのNo.1を含む129週間チャートに載る。 “Teardrops from My Eyes” (1950)、”(Mama) He Treats Your Daughter Mean” (1952), “5-10-15 Hours” (1952), “Mambo Baby” (1954) and “Oh What a Dream” – with the The Drifters (1954)。1993年にはロックンロールの殿堂入り。ラスベガス地域の病院で脳卒中と心臓発作による合併症で死亡。

Ruth Brown
本名:
Ruth Alston Weston
プロフィール:
Ruth Brown (born on January 30, 1928, Portsmouth, Virginia, USA – died November 11, 2006, Henderson, Nevada, USA) was an American soul, blues and jazz singer. In 1948, Ahmet Ertegun signed her to Atlantic. She was married to Willis Jackson. Between the years 1949 and 1955 her songs were on the charts for 129 weeks, including five No.1’s:
“Teardrops from My Eyes” (1950), “(Mama) He Treats Your Daughter Mean” (1952), “5-10-15 Hours” (1952), “Mambo Baby” (1954) and “Oh What a Dream” – with the The Drifters (1954). She was inducted into Rock And Roll Hall of Fame in 1993 (Performer). She died of complications from a stroke and heart attack at a Las Vegas-area hospital.
Less

Ruth Brown
Discogsで%sのリリースを検索。Discogsマーケットプレイスでは、%s のレコードやCDなどを購入することができます。

Rock & Roll ‎(LP, Album, Mono) Atlantic 8004 1957

内容紹介
★ATLANTIC R&B BEST COLLECTION 1000
イニシャルは「RB」! リズム&ブルースの申し子にして、アトランティックの看板娘のヒット曲集
アトランティックの歴史を語る上で外せない、最重要リズム&ブルース・シンガー、ルース・ブラウンの初期ヒット曲をぜいたくに詰め込んだ必携盤。1949?57年にかけてR&Bチャートに送り込んだ、5曲のナンバーワンを含む12曲のヒット作品が聴ける本作は、チャーミングで肝っ玉のすわった歌声で時代の先端を走ったルースを知るのに最適だ。リーバー&ストーラー作の〈ラッキー・リップス〉はいつ聴いてもワクワクさせられる!
【1957年作品】【日本初CD化】【2012年デジタル・リマスタリング】

ワーナーミュージック・ジャパン, アトランティック

レビュー
ATLANTIC R&B BEST COLLECTION 1000。イニシャルは「RB」!リズム&ブルースの申し子にして、アトランティックの看板娘、ルース・ブラウンが1957年に発表したヒット曲集。5曲のR&BチャートNo.1ヒット曲が聴ける本作は、チャーミングで肝っ玉のすわった歌声で時代の先端を走ったルースを知るのに最適な作品。

(C)RS

<広告>The Very Best Of Ruth Brown [Import] CD, オリジナルレコーディングのリマスター, インポート

<広告>Amazon Ruth Brown Classics (Amazon music unlimited)

From the album Ruth Brown – “Rock’N Roll Legend” 2008


1951年洋楽ヒットに続く

関連記事(案)
他の年代やジャンルはこちら(調整中)
1910年代ヒット曲洋楽
1920年代ヒット曲洋楽
1930年代ヒット曲洋楽
1940年代 ヒット曲 洋楽
1960年代ヒット曲洋楽
1970年代ヒット曲洋楽
1980年代ヒット曲洋楽
日本の洋楽カヴァーポップス
70s 70年代 ヒット曲 洋楽 ロック
60s 60 年代 洋楽 ロック
ロックンロール 名曲