一部PRあり

思い出(英語 memories) vs 記憶(英語 memory)

語楽(語学+音楽) 語楽(語学+音楽)英語
語楽(語学+音楽)英語

思い出を英語でいう場合、単数形のmemoryではなく複数形のmemoriesで書くのが一般的だそうだ。

では逆に単数形のmemoryを使用するのは?

こちらは脳やPCメモリーなどの「記憶」など。「記憶力」いってみれば記憶装置などの記憶の機能面を表す英単語のようだ。

スポンサーリンク

(各記事共通・免責事項等)
・当サイトは独自コンテンツ(個人ブログ)です。当ブログでも、統計や指標については一部引用などもふまえデータの客観性と公平性に努める所存です。ただし、記事および当サイト全体としてはあくまで個人的見解をふくむ個人ブログでです。ご利用にあたっては読者各位の自己責任でご判断いただくようお願い申し上げます。
・音楽の自作プレイリスト(編集著作物)著作権法、など。
詳しくは「プライバシーポリシー・免責事項(privacy policy page)」をご参照ください。

思い出 英語 memories

思い出はひとつに限られないから、基本的にはmemoriesという複数形で使われることが多いという。

なるほど、そういわれれば聖子ちゃんの「スウィート・メモリーズ(sweet memories)も英語は複数形だ。

(参考動画)SWEET MEMORIES〜甘い記憶~ Music Video(YouTube Edit)

記憶 memory

こちらは「記憶力」など。

記憶(memory)の例文

毎年、記憶力が悪くなっている。(英語 My memory gets worse every year.)

(参考)memory(メモリー)は「思い出」なのか「記憶力」か?(ネイティブと英語について話したこと)

詳しくは上記参考記事などをご参照。

思い出(memories)と記憶(memory)の使い分け?

「筆者は年々記憶力が衰えてきて、思い出はもはや風前の灯火。」”The writer’s memory is declining year by year, and memories are no longer the light of the wind.”

ちなみに、
「筆者は年々記憶力が衰えてきて、思い出はもはや風前の灯火。」なんてふと思いついた結構小難しい日本語を和文英訳するとどうなるか。Google翻訳先生に訊ねてみよう。

“The writer’s memory is declining year by year, and memories are no longer the light of the wind.”

まとめ

思い出(英語 memories)複数形

記憶(英語 memory)単数形

テキストのコピーはできません。