1972年ヒット曲(昭和47年)邦楽

1970年代音楽
1970年代音楽

1972年 ヒット曲 邦楽
1位 宮史郎とぴんからトリオ:「女のみち」
2位 小柳ルミ子:「瀬戸の花嫁」
3位 ビリーバンバン:「さよならをするために」
4位 よしだたくろう:「旅の宿」
5位 平田隆夫とセルスターズ:「悪魔がにくい」
6位 天地真理:「ひとりじゃないの」
7位 小柳ルミ子:「京のにわか雨」
8位 ペドロ&カプリシャス:「別れの朝」
9位 天地真理:「ちいさな恋」
10位 青い三角定規:「太陽がくれた季節」
11位 石橋正次:「夜明けの停車場」
12位 欧陽菲菲:「雨の御堂筋」
13位 天地真理:「虹をわたって」
14位 よしだたくろう:「結婚しようよ」
15位 チェリッシュ:「ひまわりの小径」
16位 尾崎紀世彦:「愛する人はひとり」
17位 麻丘めぐみ:「芽ばえ」
18位 三善英史:「雨」
19位 森田健作:「友達よ泣くんじゃない」
20位 アンディ・ウィリアムス:「ゴッドファーザー 愛のテーマ」
21位 奥村チヨ:「終着駅」
22位 ニール・リード:「ママに捧げる詩」
23位 橋幸夫:「子連れ狼」
24位 ハニー・ナイツ:「ふりむかないで」
25位 ポップ・トップス:「マミー・ブルー」
26位 朱里エイコ:「北国行きで」
27位 沢田研二:「許されない愛」
28位 南沙織:「純潔」
29位 天地真理:「水色の恋」
30位 森昌子:「せんせい」
31位 欧陽菲菲:「雨のエアポート」
32位 山本リンダ:「どうにもとまらない」
33位 内山田洋とクール・ファイブ:「この愛に生きて」
34位 上條恒彦:「出発の歌」
35位 欧陽菲菲:「夜汽車」
36位 欧陽菲菲:「恋の追跡 (ラブ・チェイス)」
37位 あがた森魚:「赤色エレジー」
38位 ザ・ニュー・シーカーズ:「愛するハーモニー」
39位 石橋正次:「鉄橋をわたると涙がはじまる」
40位 五木ひろし:「待っている女」
41位 森進一:「波止場町」
42位 小柳ルミ子:「お祭りの夜」
43位 平田隆夫とセルスターズ:「ハチのムサシは死んだのさ」
44位 沢田研二:「あなただけでいい」
45位 小柳ルミ子:「わたしの城下町」
46位 上條恒彦:「だれかが風の中で」
47位 小柳ルミ子:「雪あかりの町」
48位 尾崎紀世彦:「こころの炎燃やしただけで/ゴッドファーザー 〜愛のテーマ」
49位 カーペンターズ:「スーパースター」
50位 南沙織:「哀愁のページ」
年間ランキング (日本)
シングル
年間TOP50
集計会社 オリコン
※1971年12月6日付 – 1972年11月27日付
(参考)ウィキペディア、1972年の音楽

(関連記事)

(翌年)1973年ヒット曲(昭和48年)邦楽

1973年ヒット曲(昭和48年)邦楽
1973年 ヒット曲 邦楽:1位 宮史郎とぴんからトリオ:「女のみち」2位 宮史郎とぴん...

(前年)1971年ヒット曲(昭和46年)邦楽

1971年ヒット曲(昭和46年)邦楽
1971年 ヒット曲 邦楽:1位 小柳ルミ子:「わたしの城下町」2位 加藤登紀子:「知床...

1972年 昭和47年 1月

オリコン週間シングルチャート第1位
1月
3日 雨の御堂筋(欧陽菲菲)
10日・17日(合算週: 2週分)・24日・31日 悪魔がにくい(平田隆夫とセルスターズ)

デビュー

1972年 昭和47年 2月

2月
7日 悪魔がにくい(平田隆夫とセルスターズ)
14日・21日・28日 別れの朝(ペドロ&カプリシャス)

2月5日 – りりィ/たまねぎ

1972年 昭和47年 3月

3月
6日 別れの朝(ペドロ&カプリシャス)
13日・20日・27日 ちいさな恋(天地真理)

3月1日 – 井上陽水/人生が二度あれば…再デビュー
3月5日 – アリス/走っておいで恋人よ
3月5日 – 石川セリ/小さな日曜日
3月5日 – 頭脳警察/『頭脳警察1』
3月9日 – 猫/人生なんてそんなものさ
3月25日 – 西城秀樹/恋する季節
3月25日 – 佐藤公彦/『Keme VOL.1 午後のふれあい』
3月25日 – 古井戸/『古井戸の世界』
3月25日 – なぎら健壱[6]/『万年床』
3月25日 – 山本コウタロー/村の郵便配達

1972年 昭和47年 4月

4月
3日 ちいさな恋(天地真理)
10日 愛するハーモニー(ザ・ニュー・シーカーズ)
17日・24日 夜明けの停車場(石橋正次)

4月 – 芹洋子/牧歌〜その夏〜…再デビュー
4月 – 坂口良子/あこがれ
4月25日 – 谷山浩子/銀河系はやっぱりまわってる
4月25日 – あがた森魚/赤色エレジー

1972年 昭和47年 5月

5月
1日 夜明けの停車場(石橋正次)
8日 太陽がくれた季節(青い三角定規)
15日・22日・29日 瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)

5月 – 藤原誠/長い旅の終わり
5月1日 – イーグルスアメリカ合衆国の旗/テイク・イット・イージー
5月5日 – バンバン/何もしないで
5月10日 – 宮史郎とぴんからトリオ/女のみち
5月25日 – 三善英史/雨

1972年 昭和47年 6月

6月
5日 瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)
12日・19日・26日 ひとりじゃないの(天地真理)

6月2日 – サディスティック・ミカ・バンド/サイクリング・ブギ
6月5日 – 麻丘めぐみ/芽ばえ
6月5日 – チューリップ/魔法の黄色い靴

1972年 昭和47年 7月

7月
3日・10日・17日 ひとりじゃないの(天地真理)
24日・31日 さよならをするために(ビリーバンバン)

7月1日 – 森昌子/せんせい
7月1日 – グラシェラ・スサーナ/サバの女王…日本デビュー
7月5日 – 荒井由実/返事はいらない
7月21日 – 奈良富士子/はだしの女の子
7月25日 – 牧村三枝子/少女は大人になりました

1972年 昭和47年 8月

8月
7日・14日・21日・28日 旅の宿(よしだたくろう)

8月1日 – 郷ひろみ/男の子女の子
8月5日 – 小林麻美/初恋のメロディー
8月25日 – フィンガー5/キディ・キディ・ラブ…再デビュー

1972年 昭和47年 9月

9月
4日 旅の宿(よしだたくろう)
11日・18日・25日 京のにわか雨(小柳ルミ子)

9月 – ファニー・カンパニー/スウィート・ホーム大阪
9月25日 – 伊藤銀次/留子ちゃんたら
9月25日 – 大塚たけし/自由に生きてほしい

1972年 昭和47年 10月

10月
2日・9日・16日・23日 虹をわたって(天地真理)
30日 女のみち(宮史郎とぴんからトリオ)

10月21日 – 五輪真弓/少女『少女』
10月25日 – 海援隊『海援隊が行く』

1972年 昭和47年 11月

11月
6日・13日・20日・27日 女のみち(宮史郎とぴんからトリオ)

1972年
11月1日 – 丸山圭子/『そっと私は』
11月25日 – アグネス・チャン/ひなげしの花…日本デビュー
11月25日 – こおろぎ’73/花咲じいさん
11月25日 – 大瀧詠一『大瀧詠一』

1972年11月25日 – 大瀧詠一1stアルバム「大瀧詠一」(ソロデビュー)※同アルバム収録「指切り」フルート演奏で吉田美奈子さん初収録。

1972年 昭和47年 12月

12月
4日・11日・18日・25日 女のみち(宮史郎とぴんからトリオ)

12月 – 上田正樹/金色の太陽が燃える朝に
12月25日 – キャロル/ルイジアンナ
12月5日 – 平和勝次とダークホース/宗右衛門町ブルース

月日不明 – 高見エミリー/青い森の日曜日
月日不明 – 天童よしみ/風が吹く…再デビュー
月日不明 – 増位山太志郎/いろは恋唄

備考

1972年 デビュー アイドル 昭和歌謡 和モノ など

1972年 デビュー曲、ヒット曲、アイドル、昭和歌謡、和モノ、など。
1972 songs, idols, Showa Kayo, Japanese rare groove, etc. 

※1972年(昭和47年)は日本のシンガーソングライター(SSW)デビューの年
1972年7月5日 荒井由実 1stシングル「返事はいらない」
1972年10月21日 五輪真弓1stシングル「少女」1stアルバム『少女』
1972年11月25日 – 大瀧詠一1stアルバム『大瀧詠一』(ソロデビュー)※同アルバム収録「指切り」フルート演奏で吉田美奈子さん初収録。(翌年1973年9月21日 吉田美奈子『扉の冬』でソロデビュー)
※当時米国でもシンガーソングライター作品が大ヒット(前年1971年2月10日発売キャロル・キング2ndアルバム『つづれおり』等)


森昌子、麻丘めぐみ、荒井由実、他(敬称略)。
Mori Masako, Asaoka Megumi, Arai Yumi..and more(Titles omitted).

(ご案内)

すそみゅ♪音楽年表年代別西暦年別ヒット曲和暦年別懐メロ特集なびガイド

(ビギナーの方向け)
初心者の人など、さくっとその年のヒット曲を知りたい人は以下のリンクから別記事へ

1971年 ヒット曲 邦楽 昭和46年 懐メロ

1973年 ヒット曲 邦楽 昭和48年 懐メロ

とらナイヅ寅
とらナイヅ寅

各年の記事の最初にヒット曲ランキングをのせてるよ


(シニア―の方向け)
当時を知る方々、昭和レトロな懐メロを深く味わいたい方は記事本文へ

さるナイヅ山
さるナイヅ山

管理人のツボはデビュー曲だそうじゃ。巷の懐メロ特集とは一味違うかもなユニークな選曲で昭和レトロな懐メロの隠れた名曲もご紹介したいそうじゃが…誰得かの。

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。