Sweet Soil Music 音楽年表

音楽年表

Sweet Soil Music 音楽年表:ポピュラー音楽(Popular Music)から民族音楽(Ethnic Music)まで19世紀以降の大衆音楽(The People’s Music)を中心とした当サイト(SweetSoilMusic)の音楽年表※ページ。

※音楽年表に関する個人的なメモ
おもに管理人が好きな音楽を年表(年代・時系列)順に並べてみるコーナーです。
おことわり(誇大な表示で恐縮です。ただサイト名をつけているように限定的なものです。あしからずご理解いただけば幸いです。)


SweetSoilMusic
(音楽メニュー)
音楽年表・年代●今ココ
地域・ジャンル
アーチスト
選曲集・特集
(プレイリスト「SSM編集テープ」仮称)
:レトロ音楽
:暦の歌(こよみのうた)
:語楽(ごらく)


音楽年表について

約200万年前ともいわれる旧石器時代以降の地球上の全ての音楽。約1万6千年前といわれる縄文時代や約1万2千年前といわれるアンデス文明など先史時代のオト。約数千年前~3千年前の古代文明の音楽。紀元前3世紀の古代ギリシャやローマの音楽。6世紀以降の日本や西洋の古典音楽など。先人に敬意を表しつつ。19世紀のレコード発明以降のポピュラー音楽の時代を人類史的な年表のなかで包括的に眺めてみたい。

・・・と、そんな思いはありますが、まあ、構想は大げさ、実際は無謀という、素人の趣味的コーナー。私の音楽遍歴にもとづき、ご縁のあったおすすめ音楽をご紹介してまいります。(管理人拝)

とらナイヅ 寅
とらナイヅ 寅

年表は公共物ですからできるだけ調べて書こうとは思ってます。

寅山
寅山

おっさしづめインテリだね。けど個人ブログってやつだから。あんまり学術的なやつとかかじゃありません😅


※その他の年表などは以下のリンク先をご覧ください。

カテゴリー:音楽年表

音楽年表
おもに19世紀までの音楽(音楽史など) ※20世紀(1900年代)以降の音楽は各年代別カテゴリーへ

※年代と元号はこちらを参照ください。
(参考)西暦和暦年齢早見表(リンク)

西暦和暦年齢早見表
西暦和暦年齢早見(A.D. Wareki Japanese calendar with Ages ):年齢は明治36年(1903年)116歳(2019年現在最高齢)まで掲載。祖父母様方の誕生日ご確認などにご利用ください。※西暦和暦:1900年(明治33年)~2019年(平成31年)まで。

関連コンテンツまとめ

●音楽年表のまとめページ(総括ページ)はこのページ。

○音楽年表に関する記事(各個別記事)はこちらのカテゴリから。

以下、音楽年表の全体構成(案) 目次等は暫定版(※随時更新予定)

地球の音・人類の音楽

History of music

46億年前~地球誕生

地球誕生~地球の音(自然音など)

700万年前頃~人類誕生

約700万年前~600万年前 人類誕生(猿人)のオト?

約330万年~旧石器時代

旧石器時代の音?
約330万年から約200万年前~前石器時代
約30万年前~中石器時代
約5万年前~後石器時代

約4万年前

約4万年前(後期旧石器時代)オーリニャック文化ドイツ南西部の現生人類「最古の楽器」の候補(2015年4月3日付ナショジオ記事)
先史音楽 Prehistoric Music ノート 先史時代の音楽のおと
先史時代
3万年6千年前頃~日本への祖先移動?

1万6千年前頃~縄文時代

1万6千年前頃~縄文時代

1万2千年前頃~アンデス文明

約1万2千年前といわれるアンデス文明など先史時代のオト。
約1万6千年前といわれる縄文時代や約1万2千年前といわれるアンデス文明など先史時代のオト。

1万年前~数千年前の古代文明など

(備考)変わりつつある古代文明の通説
4千年?~3千年前 古代文明?
千年?~3千年前 エジプト
4千年?~3千年前 メソポタミア
4千年?~3千年前 インダス
?千年~3千年前 中国
紀元前2000年頃~ギリシャ(エーゲ文明)
約数千年前~3千年前の古代文明の音楽。

1千年前~紀元前10世紀弥生時代など

紀元前10世紀~弥生時代
紀元前8世紀前~古代ギリシャ(都市国家ポリス)
紀元前753年~古代ローマ
紀元前数世紀前のプロト・ヨーロッパの音楽
紀元前数世紀前のプロト・ヨーロッパの音楽
紀元前数世紀前の古代メソポタミア(アラブ)の音楽
紀元前3世紀の古代ギリシャの音楽
紀元前3世紀の古代ローマの音楽
紀元前3世紀の古代ギリシャやローマの音楽。

紀元後

1世紀

2世紀

3世紀

4世紀

5世紀

6世紀

6世紀以降の西洋の古典音楽
6世紀以降の東洋の古典音楽
6世紀以降のインドの古典音楽
6世紀以降の中国の古典音楽
6世紀以降の日本の古典音楽

7世紀

8世紀

9世紀

10世紀

11世紀

12世紀

13世紀

14世紀

15世紀

16世紀

17世紀

18世紀

19世紀

大衆音楽前史、蓄音機の発明

20世紀

レコードの普及、音楽産業の振興、音楽の大衆化(ポピュラー音楽)、電気・電波放送、デジタル音声技術の発明

大衆音楽(ポピュラー音楽)年表へ

21世紀

デジタル音声技術の普及


大衆音楽年表(ポピュラー音楽)

Popular music timeline

1900年代

1900s 明治30年代(Meiji 30s)

1900年代
明治30年代(明治33年)~明治40年代(明治42年)
1900s
Meiji30s(M33) – Meiji40s(M42)

1900年代
1900年代:1900年明治33年~1909年明治42年 および19世紀以前の音楽

1910年代

1910s 明治40年代~大正元年代 (Meiji 40s-Taisho 0s)

1910年代
明治40年代(明治43年)~大正00年代(大正8年)
1910s
Meiji40s(M43) – Taisho00s(T8)

1910年代
1910年代 1910年明治43年 ~ 1919年大正8年

1920年代

1920s 大正10年代 (Taisho 10s)

1920年代
大正00年代(大正9年)~昭和00年代(昭和4年)
1920s
Taisho00s(T9) – Showa00s(S4)

1920年代
1920年 大正 9年~1929年 昭和 4年

1930年代

1930s 昭和元年代(Shōwa 0s)

1930年代
昭和00年代(昭和5年)~昭和10年代(昭和14年)
1930s
Showa00s(S5) – Showa10s(S14)

1930年代
1930年 昭和 5年~1939年 昭和14年

1940年代

1940s 昭和10年代(Shōwa 10s)

1940年代
昭和10年代(昭和15年)~昭和20年代(昭和24年)
1940s
Showa10s(S15) – Showa20s(S24)

1940年代
1940年 昭和15年 ~ 1949年 昭和24年

1950年代

1950s 昭和20年代(Shōwa 20s)

1950年代
昭和20年代(昭和25年)~昭和30年代(昭和34年)
1950s
Showa20s(S25) – Showa30s(S34)

1950年代
1950年 昭和25年 ~ 1959年 昭和34年

1960年代

1960年代
昭和30年代(昭和35年)~昭和40年代(昭和44年)
1960s
Showa30s(S35) – Showa40s(S44)

1960年代
1960年 昭和35年 ~ 1969年 昭和44年

1970年代

1970年代
昭和40年代(昭和45年)~昭和50年代(昭和54年)
1970s
Showa40s(S45) – Showa50s(S54)

1970年代
1970年 昭和45年 ~ 1979年 昭和54年

1980年代

1980年代
昭和50年代(昭和55年)~平成元年(平成元年)
1980s
Showa50s(S55) – Heisei Gannen(H1)

1980年代
1980年 昭和55年 ~ 1989年 昭和64年 平成元年

1990年代

1990年代
平成00年代(平成2年)~平成10年代(平成11年)
1990s
Heisei00s(H2) – Heisei 10s(H11)

1990年代
1990年 平成2年 ~ 1999年 平成11年

2000年代

2000年代
平成10年代(平成12年)~平成20年代(平成21年)
2000s
Heisei10s(H12) – Heisei 20s(H21)

2000年代
2000年 平成12年 ~ 2009年 平成21年

2010年代

2010年代
平成20年代(平成22年)~平成30年代(平成31年)/令和元年
2010s
Heisei20s(H22) – Heisei 30s(H31)/ Reiwa 1(R1)

2010年代
2010年 平成22年 ~ 2019年 平成31年 令和元年

2020年代

2020年代
令和00年代(令和2年)~現在
2020s
Reiwa 00s(R2) – Present

2020年代
「2020年代」の記事一覧です。


(参考文献等)ウィキペディア等

用語(英語)の出典など:
ポピュラー音楽(Popular Music)民族音楽(Ethnic Music):ウィキペディア
大衆音楽(”The People’s Music”*):中村とうよう「大衆音楽の真実」
ミュージックマガジン社、若林忠宏『民族音楽事典』、民音、民博、他各サイト等(詳細は各記事などで別途記載予定)

テキストのコピーはできません。