一部PRあり

FUNKとダンス(ポッピン、ロッキンなど)★補足記事用(7)

音楽ジャンル(Music Genres)
音楽ジャンル(Music Genres)

※FUNKとダンス(ポッピン、ロッキンなど)★バレンタイン補足記事用(7)

別記事でバレンタイン用のチョコネタ記事の1984「CHOCOLATE LIPS」で少しふれたが、このアルバムはシティポップというより80sファンクかと。

ちなみにタワレコでもCD『CHOCOLATE LIPS +4<タワーレコード限定>』発売中。
<広告>タワレコ「CHOCOLATE LIPS」関連商品
アルバム『CHOCOLATE LIPS +4』<タワーレコード限定>」
アーティスト名:CHOCOLATE LIPS

★ご視聴はこちら(タワレコ公式サイトの「Blu-spec CD2『CHOCOLATE LIPS +4』<タワーレコード限定>」の商品ページへ

※管理人コメント:こちらのCD+4の商品説明はタワレコで。80sブギー人気曲「Weekend Lover」や(+4)のbonus trackでMIHOさんの1986『California Crisis』(同名アニメ「カリフォルニア・クライシス(追撃の銃火)」主題歌・挿入歌収録など。

管理人的には#7「Midnight Step」がブラコン・スラップ(ベース)、#10「Next Move」がプリンス「Sexy Dancer」系のツナギでポッピング(Popping Dance)ネタに面白いかな?(※Prince「Sexy Dancer」は1979年エレクトリック・ブガルー(Electric Boogaloos)がSoul Trainで初めてポッピング披露した時のBGM)(参考動画https://youtu.be/rkejPbx9zSI)、#13EYES(bonus track#4)が1986年の藤原美穂(MIHO)さんソロ曲(日本)なのにちょっと1988年『Guy』を彷彿とさせ、これってもしかしてNJSへの序章?的な個人的妄想をしてしまうあたりが個人の感想。

スポンサーリンク

(各記事共通・免責事項等)
・当サイトは独自コンテンツ(個人ブログ)です。当ブログでも、統計や指標については一部引用などもふまえデータの客観性と公平性に努める所存です。ただし、記事および当サイト全体としてはあくまで個人的見解をふくむ個人ブログでです。ご利用にあたっては読者各位の自己責任でご判断いただくようお願い申し上げます。
・音楽の自作プレイリスト(編集著作物)著作権法、など。
詳しくは「プライバシーポリシー・免責事項(privacy policy page)」をご参照ください。

※FUNKとダンス(ポッピン、ロッキンなど)

(ちょっと脱線・・・というかプレイリストには入れてるんだがそれ自体チョコレート・バレンタインとは脱線かお許しを)

上でふれたとおり、「CHOCOLATE LIPS」を久しぶりに聞いてたらついエレクトリックブガルーのプリンス「Sexy Dancer」などのポッピンねた(例の1979年SoulTrainで初めて全米放送網のテレビでPoppin’ Danceが紹介されたやつ。もちろん地元カリフォルニアではもっと早くやってたんだろうがおそらく米国でもNY勢なんかは多分この番組で知ったはず。)とか。それ以前のロッキン(Locking Dance)などを連想してしまい、つい(よぜばいいのに)ツナギで入れたくなってしまった。

(まあ、小生のプレイリストの脱線はいつもながらなんですが(;^_^A。今回はバレンタイン・チョコレートがテーマだったので本来はチョコレート・ファンク系で打ち止めだったはずなんです汗)

でもまあ、FUNK・CHOCOLATE LIPまでいったらダンス好きの人でそちらも聞きたくなる人はワシ以外でも多少はおられるかと。

でなわけで以下ちょっとプレイリストに入れさせてもらったポッピンやロッキンの曲についてふれておきます。

ポッピング(ダンス)の歴史はネットではDewsさんなどのダンス系専門サイトに詳しいのでそちらをご参照(参考記事「POPPIN (ポッピン/ ポップダンス)の特徴や歴史を動画で解説!」)。

ちなみに本なら『ストリートダンサーズ列伝黒く踊れ!』(江守藹,2008,銀河社)。(若杉さんのダンス本とかいろいろあるが個人的には江守アイさんの本が一推し。ポッピングの創始者ブガルー・サム(Boogaloo Sam)氏やメラニーさんトニー・ゴーゴー・ルイスさんらの米国カリフォルニア州のロックダンス・ポップダンス系のオリジネイター(創始者達のグループ)が福岡のヨシ坊さんセイジさん達Bebop Crewの方々と出会うエピソードを詳しく語ってくださってるのは自分が見た限りこの江守さん本ぐらい(『黒く踊れ!』p.208辺り)。

若杉さんダンス本も拝読しけっこう詳しく書かれているなあと感心。ただ、江守さんやニック岡井さんドン勝本さんらの60s/70sソウルディスコ一世やヨシ坊さんセイジさん達70s/80sストリートダンス一世のお話や本はそれ自体が一次情報なので別格。

(ちなみに日本のダンスでは中川三郎先生ら戦前からの日本ダンス一世がおられるのでさらに奥深い歴史。)

江守藹(エモリ・アイ)さんは日本のソウルディスコ黎明期からまさに日本のブラックカルチャーやストリートダンスの礎を気づき上げた重鎮3名もしくは四天王の御一人。ディスコのレコードのステップイラストでもおなじみ。ですが本来はネッシーギャングなどでかのKool&The Gang来日公演などでオープニングアクトを務めた強者ダンサー。さらにその後六本木でメビウス経営などそもそも六本木系のダンスカルチャーを築いた創始者の御一人。…さらに1992年にはかのテンプス(The Temptations)の故エディ・ケンドリックスとの生前のご親交によりアラバマでの葬儀にも参列されておられるという(意外と知られていない)サザンソウル方面でも最上級のリスペクトを捧げる超重要人物。

以下の参考動画は、このポッピンやロッキンの曲と『CHOCOLATE LIPS』や藤原美穂さんの個人的オススメ曲を並べてみたら、という並びになっております。

1979 Electric Boogaloos Soul Train ※begininng of Popping(dance)

1979 Prince – Sexy Dancer

Miho Fujiwara – Next Move (1986) HQ uptempo Funk/Soul WORLD SOUL (Japan) Bonus Track Chocolate Lips

Miho Fujiwara (藤原 美穂) – Eyes (1986)

Mai Tai – Turn Your Love Around (1986) NEW JACK SWING

1988 Guy – Groove Me

タワレコ『CHOCOLATE LIPS』

ちなみにアナログレコードもあり。
レコード:タワレコ『CHOCOLATE LIPS』<完全生産限定盤>

(※在庫状況等は変動もあるので公式サイトでご確認ください。)

LPレコード CHOCOLATE LIPS<完全生産限定盤>
テキストのコピーはできません。