一部PRあり

3月の歌(JPOP・歌謡曲) 曲名一覧

3月曲名一覧 3月音楽
3月音楽

【春の歌】3月の歌謡曲・JPOP曲名一覧リスト:
三月のヒット曲から隠れた名曲まで!
春うた3月ソングの曲名(歌手名)まとめ
(関連記事)「卒業ソング」はこちら

スポンサーリンク

3月の歌

3月に聴きたい定番ソングなど。

「春よ、来い」松任谷由実

松任谷由実 – 春よ、来い
松任谷由実

1994年10月24日発売「春よ、来い」松任谷由実(26thシングル)
収録アルバム:
1994年11月25日発売『THE DANCING SUN』松任谷由実(26thアルバム)
※いわずとしれた日本の春の代表曲。某ケンミンショーではとくに東北の方は一番お好きな歌とのこと。もちろん東北に限らず日本人ならどなたも必ず一度は春になると聞きたくなるのではないでしょうか。個人的にこの曲を聴くとユーミンさんは詞の世界では現代の紫式部、楽曲や音像の世界ではジャンルは違えど現代の小津安二郎さんのような印象を抱いてしまいます。そんないちリスナーの個人的感想なぞ凌駕するような孤高の大名曲。

「春なのに」柏原芳恵

春なのに(Harunanoni)
柏原芳恵(Yoshie Kashiwabara)
1983 USM JAPAN, a division of UNIVERSAL MUSIC LLC.

1983年発売いわずとしれた春の昭和アイドル歌謡曲の大名曲「春なのに」柏原よしえ(作詞・作曲:中島みゆき)。ユーミンさんともよきライバルとしてラジオなどで微笑ましくもけっこう過激な舌戦を繰り広げておられたみゆきさんの大名曲。柏原芳恵さんの歌も物憂げな春の哀しみを素敵に表現されておられる春の歌大名曲。

「北国の春」千昌夫

北国の春
千昌夫 – トピック
『千昌夫大全集~50周年記念BOX』
TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS

1977年4月5日発売「北国の春」千昌夫(24thシングル、ミノルフォンレコード・徳間音楽工業(現:徳間ジャパン)※発売当時千さんのアイデアで出稼ぎスタイルなど工夫をこらしたPRで地方から日本全国のお茶の間まで大人気となったいわずとしれた日本の春の定番曲。むかしは中国のカラオケでも必ず誰かが歌っていた海外でも人気の曲。
<広告>千昌夫CD『千昌夫大全集~50周年記念BOX~』千昌夫(アマゾンの商品ページへリンクします)

3月の行事(1)ひなまつりの定番曲「うれしいひなまつり」童謡

1936年(昭和11年)2月20日発売「嬉しい雛まつり」河村順子(作詞:サトウ ハチロー、作曲:河村光陽、ポリドール) sp盤(参考動画🎁
以後「うれしいひなまつり」童謡としてひな祭りの定番曲に。

うれしいひなまつり (楠トシエ)
キングオーケストラ (King Orchestra)- トピック

「うれしいひなまつり」楠トシエ(Toshie Kusunoki) · ひばり児童合唱団(HIBARI CHILDREN CHORUS)2023年2月22日発売『ひな祭り〈桃の節句〉3月3日~節句や行事に聞きたい音楽まとめ♪~』キングレコード(King Record Co.,Ltd)※なんとこちらは昔ピンちゃんの愛称でおなじみの元祖「コマーシャルソングの女王」楠トシエさんの歌唱。50年代頃から黒柳徹子さんと同じくテレビ女優第一世代としてご活躍。「ひょっこりひょうたん島」など(参考)ウィキペディア-楠トシエ

うれしいひなまつり
山野さと子/森の木児童合唱団
〔コロムビアキッズ〕 ようちえん・ほいくえんでうたううた20~あくしゅでこんにちは・思い出のアルバム~
日本コロムビア(コロムビア・キッズ)Nippon Columbia Co., Ltd.

3月の行事(2)卒園式の定番曲「想い出のアルバム」童謡

思い出のアルバム
キング児童合唱団 – トピック
『あいをぎゅぎゅーっと!こどものすきな歌あつめました。~先生、ママパパたちが選んだベスト40曲!~』
King Record Co.,Ltd.

「思い出のアルバム」 童謡(作詞:増子とし、作曲:本多鉄麿 )※1961年(昭和36年)発表『幼児のためのリズミカルプレー』(フレーベル館)。昭和30年代40年代は幼稚園などの保育現場で歌われた曲。1980年81年82年には「みんなのうた」などでテレビでも放送。平成・令和も歌いつかれている幼稚園の卒園式の歌定番曲。

なお、小学校・中学校・高校の卒業式で人気の合唱曲などの定番曲は曲数も多いので別記事でまとめております。よろしければあわせてご参照ください。

(関連記事)
🔗「卒業ソング」卒業式の定番曲(合唱曲)など

3月の行事(3)卒業式の歌

3月の行事といえばやはり卒業式。3月1日頃高校の卒業式。3月中下旬には小学校・中学校、そして大学など学校生活の大きな節目。

(関連記事)
🔗「卒業ソング」※令和・平成の卒業ソング(J-POP)なども満載

ここでは関連記事の卒業ソングから少しだけpick up

2009年「YELL」いきものがかり

いきものがかり 『YELL』Music Video
いきものがかり Official YouTube Channel

2009年9月23日発売「YELL / じょいふる」いきものがかり(15thシングル、作詞・作曲:水野良樹 編曲:松任谷正隆)※『第76回NHK全国学校音楽コンクール』中学生の部・課題曲/NHK『みんなのうた』2009年8~9月のうた※最近関ジャムでの特集などで作曲家としても評価が改めて注目されている水野氏のメロディラインの美しさが感じられる卒業シーズンのバラード。すでに大家なので今更だが編曲の松任谷さんのエレガントなサウンドメイクも名脇役。

(※余談だが、贈る言葉の惣領さんにしろYELLの松任谷さんにしろ、名曲の陰にはには編曲家の優れた仕事があるやうに思ふ。)

2003「さくら(独唱)」森山直太朗

森山直太朗 – さくら(独唱)
森山直太朗

2003年3月5日発売「さくら(独唱)」森山直太朗(2ndシングル、作詞:森山直太朗 & 御徒町凧、作曲:森山直太朗、ユニバーサルJ)2003年(平成15年)春に突如世に現れ、モー娘。などのハロプロやavexなどダンスやクラブ系の楽曲が人気だったJ-POP音楽シーンにピアノ伴奏のみほぼアカペラというほぼ歌のみのチカラで爽やかに鮮烈な風をそそいだ3月の名曲。

(関連記事)
🔗「卒業ソング」※令和・平成の卒業ソング(J-POP)なども満載

1979「贈る言葉」海援隊

贈る言葉(Okuru Kotoba)海援隊 – トピック
倭人傳(Wajinden)
1979 NAYUTAWAVE RECORDS, a division of UNIVERSAL MUSIC LLC

1979年11月1日 贈る言葉発売「贈る言葉」海援隊(14thシングル、作詞:武田鉄矢、作曲:千葉和臣、編曲:惣領泰則)※放送期間 1979年10月26日から1980年3月28日放送TBS系テレビドラマ『3年B組金八先生』主題歌として大ヒット。
収録アルバム:1979年12月1日発売『倭人傳』<PR>CD(amazon.co.jp)

※ちなみに、編曲の惣領泰則さんはJim Rock名義で70年代はアメリカで活躍し当時ポールマッカートニーのレコーディングなどにも参加した知る人ぞ知る名音楽プロデューサー。

贈る言葉(Okuru Kotoba)
海援隊 – トピック
『贈る言葉(Okuru Kotoba)』
1979 UNIVERSAL J, a division of UNIVERSAL MUSIC LLC

ベスト盤。1979年10月1980年3月放送TVドラマ『3年B組 金八先生』主題歌「贈る言葉」卒業式シーズンの定番曲として大ヒット。シリアスからコミカルまで役者としても才能を発揮した九州が誇る稀代のエンターテイナー武田鉄矢。贈る言葉の作曲者千葉和臣(ちばかずおみ)、実質的な海援隊の発起人である中牟田俊男(なかむた としお)ら3名の若者が激動の70年代日本音楽シーンに刻んだ本来のミュージシャンとしての情熱がここに。
<PR>CD『贈る言葉』(ベスト盤)海援隊(amazon.co.jp)🔗

(おまけ)「想い出がいっぱい」H2O(🎁)ニコ動※みんなでうぽつしてくれたまい

また、社会人になると自分などは正直年度末の忙しさぐらいしか記憶にございませんが(苦笑)そんな寂しい大人でも3月の卒業シーズンの頃に街角やCMで流れる卒業ソングを聞くと学生時代を思い出したりして懐かしくなりますね。そんなセピア色の昭和世代の方にはこちらの昭和の卒業ソングシリーズ(全3巻)をおすすめ🙂

(関連記事)
🔗「80年代卒業ソング
🔗「70年代卒業ソング
🔗「昭和卒業ソング(60年代から戦前)

3月10日 松田聖子さんお誕生日🌸

EIKO MATSUDA / 赤いスイートピー English Jazz Ver. from 「SEIKO JAZZ 3」
松田聖子オフィシャルYouTubeチャンネル

3月10日は松田聖子さんお誕生日🌸おめでとうございます。こちらでは最近公式動画で公開の今の聖子さん最新曲『Seiko Jazz vol.3』の英語をお借りしました。なお、🔗Sony Music(Japan)さんのYouTube公式チャンネル(「松田聖子」検索結果リンク)さんの80年代ライブの公式動画を公開してくださっています。ぜひそちらも❤

ちなみにプレイリストには1985年3月6日発売『Seiko Train』から「制服」をpick up
(えっ「赤いスイートピー」の原曲は?ですよね💦ここはもったいぶって4月の歌においております。理由は2番の歌詞。「制服」も4月歌詞曲ですがこちらは卒業ソングということで…あしからず。(我慢できずにそのうちプレイリストにも追加するかもですが😅🎦
(関連記事)4月の歌「赤いスイートピー」松田聖子
なお、Sony Music(Japan)さんの公式

「涙しか見えない」荻野目洋子

涙しか見えない
荻野目洋子· Yoko Oginome
ラズベリーの風(Raspberry no Kaze)
℗ JVCKENWOOD Victor Entertainment

「涙しか見えない」荻野目洋子(作詞:湯川れい子/作曲:林哲司)「3月」歌詞の曲ヘビロテ・推し曲。というより女性歌手・アーティストの歌で作曲:林哲司先生といえば基本的にほぼ定番ですよね(えっ?管理人基準です🙂)ちなみにこの曲はさらに作詞湯川れい子先生というボーナス感も。女性昭和アイドル系シティポップ名盤:1986年4月21日発売『ラズベリーの風』荻野目洋子(4thアルバム、ビクター)収録※CDが欲しくなった方はタワレコ限定盤などをチェック<PR>🔗『ラズベリーの風 +5<生産限定盤>』タワーレコードオンライン🔗

「青春のリグレット」麗美、松任谷由実

すいません「三月」歌詞の曲にも載せていますがこちらは「三月(みつき)」つまり3カ月前という意味。なんですが、こちらはどこかでぜひご紹介したかった管理人ヘビロテ曲なのであわせてご紹介。ご存じユーミン作詞作曲ですがオリジナルは麗美さん。プロフ等詳しくは🔗ウィキペディア-麗美で。現在はRemedios名義で映画サントラなどでご活躍の沖縄出身女性アーティスト。もちろんオールドファンの方は沖縄の堀川美人姉妹の妹さんとしておなじみ。この麗美さんver「青春のリグレット」🎥🎦などを含め1984年デビュー当時3部作は名匠松任谷正隆さんプロデュースそして堀川姉妹にはユーミンさんも楽曲提供などでサポート。曲情報は公式サイトにて(参考サイト)🔗麗美(日本コロムビアオフィシャルサイト)🔗以下PR情報です。
「青春のリグレット」収録アルバム:
1984年9月21日発売『”R”』麗美(2ndアルバム)
※ちなみに麗美さん1stアルバムにもユーミン作品「ノーサイド」「霧雨で見えない」「愛にDESPERATE」など収録🎁
1984年1月21日『REIMY』(1stアルバム)
<PR>麗美 CD(amazon.co.jp)

「青春のリグレット」松任谷由実

Regret From My Youth / Seishun No Regret
松任谷由実

※ユーミンのセルフカバーは皆さんご存じのユーミン代表曲のひとつに。
1985年11月30日発売『DA・DI・DA』(17thアルバム)<PR>CD(amazon.co.jp)ほかベスト盤などに収録。
1995年9月11日発売『INTO THE DANCING SUN』松任谷由実(4thライブビデオ、東芝EMI)(参考動画)「青春のリグレット(into the dancing sun)」松任谷由実YouTubeチャンネル

2024年3月:ちなみに最近NHKの夜ドラでもモチーフ短編小説ドラマが話題に。
(参考動画)🔗夜ドラ [ユーミンストーリーズ] 夏帆主演 | 第1週「青春のリグレット」2分ダイジェスト | ユーミンの名曲から生まれたオムニバスドラマ | NHK🔗YouTube

3月タイトルの曲名 約30曲

「曲名」 歌手名
「3月2日、桜色。」 MoNoLith
「僕らの未来~3月4日~」 加藤和樹
「3月5日。」 MUCC
「3月7日、月曜日。」 タオルズ
「3月9日」 レミオロメン
「3月9日」 小野大輔(Vacances”)
「3月9日」 Crystal Kay
「3月9日」 柴咲コウ
「3月9日」 藤巻亮太
「3月9日」 MACO
「3月9日」 山崎育三郎
「3月9日」 Little Glee Monster
「3月14日~時計」 山田涼介・岡本圭人(Hey! Say! JUMP)
「3月29日、花曇り」 チューリップ
「3月31日(日)@桜カフェ♪」 雪乃
「3月なんて」 山出愛子
「3月の雨」 小野リサ
「3月の嘘」 森本ナムア
「3月のウソツキ」 リアクション
「3月の帰り道」 平井大
「3月のせい」 鈴木祥子
「3月の翼」 ゴスペラーズ
「3月のテイタラク」 山田晃士
「3月の扉」 モカ(茅野愛衣)
「3月の花嫁」 チョーキューメイ
「3月の物語」 H△G
「3月の雪」 槇原敬之
「3月の夢~Dream of March」 Le Couple
「3月/March」 bloodthirsty butchers
「過ぎし3月の君へ」 doriko feat.初音ミク
「バイバイ3月」 山根万理奈

「3月9日」レミオロメン

レミオロメン – 3月9日
レミオロメン

2004年3月9日発売「3月9日」レミオロメン(3rdシングル)※フジテレビ系ドラマ「1リットルの涙」挿入歌として大ヒット。卒業式ソングとしても人気となり息の長いロングセラーに。

「3月29日花曇り」チューリップ(TULIP)

1989年(平成元年)2月21日 Well発売「3月29日花曇り」チューリップ(作詞/作曲:高橋裕幸、編曲:チューリップ)※高橋裕幸さんボーカル※曲名の由来は「桜の咲く頃」メンバーが好きな数字「29」を組み合わせ「3月29日」となったとのこと。
1989年当時は1971年デビュー以来続けてきたバンド活動を一旦休止する直前。そんな別れを決意したうえで作成された伝説的グループ「チューリップ(TULIP)」の80年代末のアルバムに収録された3月の隠れた名曲。(※ちなみに1997年再結成。その後もソロ活動期間などを経ながら再結成しファンを喜ばせている。なお、2024年(令和6年)2月16日初代ベーシスト吉田彰(よしだ あきら)氏がご逝去。この場をおかりしてご冥福をお祈り申し上げます。


「3月29日花曇り」チューリップ収録アルバム:
1989年2月21日『Well』TULIP(21stアルバム)
<PR>🔗『Well』TULIP(amazon.co.jp)

三月タイトルの曲名  約30曲

「曲名」 歌手名
「あなたを待って三年三月」 森昌子
「雨の三月」 チャラン・ポ・ランタン
「三月」 Jewel
「三月がずっと続けばいい」 三月のパンタシア
「三月と群青」 水瀬いのり
「三月の丘の上で」 比屋定篤子
「三月のブルー」 Drop’s
「三月の分かれ道」 加藤いづみ
「三月物語」 牧野由依
「三月を越えて」 関取花
「桜三月散歩道」 井上陽水
「桜三月散歩道」 キンモクセイ
「三月」 odol
「三月」 DOES
「三月」 LUNKHEAD
「三月、涙がこぼれそう」 The cibo
「三月の陽炎」 HY
「三月の風」 長澤知之
「三月のプリズム」 bonobos
「三月のマーチ」 ドラマストア
「三月のマーチ」 LEGO
「三月物語」 UNISON
「二人三月」 the
「目覚めの三月」 高野寛

「三月のマーチ」ドラマストア

三月のマーチ
ドラマストア
TEICHIKU ENTERTAINMENT,INC.

2019年4月10日発売「三月のマーチ」ドラマストア

「三月がずっと続けばいい」三月のパンタシア

三月のパンタシア 『三月がずっと続けばいい』
三月のパンタシア Official YouTube Channel

三月の分かれ道 加藤いづみ

三月の分かれ道
加藤いづみofficia
lSpace Shower FUGA
g-strings records

Marchタイトルの曲名

曲名 歌手名約30曲?
WEED―a march of silence― 川村カオリ
壁の向こうのFreedom −24th March,1989− THE ALFEE
3月の夢~Dream of March~ Le Couple
3月/March bloodthirsty butchers
Strawberry March mol-74
February March 河野万里奈
Pain Of March MAKE MY DAY
Magical Marriage March 榊原ゆい
Maternity March MUNEHIRO
March of the Tender King ガッシュ・ベル(大谷育江)
MARCH 雨のパレード
March androp
March 梶浦由記
march GARNiDELiA
MARCH ストレイテナー
March 電気グルーヴ
march 豊崎愛生
MARCH 原田真二
march back number
MARCH Metis
March of the Robots SiM
March of Time Aimer aimerrhythm
Marchin’ In April ブレッド&バター
Lush march!! Crustacea
Lush march!! 茅原実里
left in march Age Factory

「3月の夢~Dream of March~」 Le Couple

3月の夢~Dream of March~
Le Couple – トピック
『Style F』
ポニーキャニオン PONY CANYON INC.
Released on: 2000-04-19

3月歌詞の曲 約150曲

「3月歌詞の曲」 約150曲
「Music」 Akiko Togo
「クラッカー・シャドー」 秋山黄色
「Center Of The Earth」 a flood of circle
「愛・つづれ織り」 天地真理
「ウララカ」 天野月子
「茜唄」 UNLIMITS
「2880316~地球最後の日の皆様へ~」 YeLLOW Generation
「Daybreak ~13月の色彩~」 exist†trace
「佗び助」 井上陽水奥田民生
「slow」 INNOSENT in FORMAL
「カレンダーの13月」 植田真梨恵
「circle of love」 臼井嗣人
「忘年会!BOU!NEN!KAI!」 A.B.C-Z
「13月の雨時計」 Any
「FREE 3 MC’S 1 featuring CHANNEL, FORK」 MCU
「君へのメッセージ」 erica
「数え歌」 エレクトリックギュインズ
「RiNG to the BRiGHT FUTURE」 EMPiRE
「松盆栽かぞえうた~365日のぼんぼん~」 大里菜桜 from ボンクラ
「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba 物語」 大滝詠一
「涙しか見えない」 荻野目洋子
「ブランコに揺れて」 奥田美和子
「13月のアテネ」 小椋佳
「乙女の365日」 乙女新党
「春空」 小野大輔
「3月9日」 小野大輔(Vacances”)
「A FEW FRAMES」 OMSB
「ラブ・ラ・ラバーズ」 オレスカバンド
「Lover or Friend」 Carat
「MAMA」 カラーボトル
「壁ぎわのマリオネット」 川越美和
「カーキン音頭~フリーター一代男~(青春上京篇)」 河内家菊水丸
「こんなに僕を切なくさせてるのに」 木村拓哉(SMAP)
「運命のひと -Promise-」 KIRA
「青のじゅもん」 Kiroro
「友情」 キングギドラ
「13月のバラード」 キンモクセイ
「ハローグッバイ」 GEEKSTREEKS
「3月9日」 Crystal Kay
「蕾」 GReeeeN
「better days feat. MIHIRO ~マイロ~」 K.J.
「新生活」 ケツメイシ
「Go DJ!!」 KEN THE 390
「いのち(KIZUNA)」 賢多
「もう全部終わりにしよう」 ゲスの極み乙女
「旅立つ君にこの歌を」 越山元貴
「ハッピーサマーバレンタイン」 許斐剛
「卒業」 コブクロ
「こいいろアイリス」 小路綾(種田梨沙)
「GOD ONLY KNOWS」 Cornelius
「RAINBOW」 堂珍嘉邦×ケイコ・リー
「スノーメルト」 ドラマチックアラスカ
「過ぎし3月の君へ」 doriko feat. 初音ミク
「そばにいたい」 NAOCO
「月影とブランコ」 nano.RIPE
「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba 物語」 行川さをり from ジュライム
「音楽のチカラ。feat.TEE」 ハジ→
「グローバ・リズム」 浜崎貴司×佐藤タイジ
「Our core」 HAND DRIP
「帰ってきた酒飲み音頭」 バラクーダ&ベートーベン鈴木
「3月の帰り道」 平井大
「ツボミ」 Hilcrhyme
「歌詞が出来ねぇ2014」 HERO
「better days feat.當山みれい」 Beat Buddy Boi
「MY LIFE feat.KG」 FALCO&SHINO
「13月の革命」 FENCE OF DEFENSE
「SUPERMOON」 藤田麻衣子
「3月9日」 藤巻亮太
「CLIMAX NUMBER」 フレデリック
「13月の夜明け」 Brian the Sun
「らせん状の涙」 ブリーフ&トランクス
「始まりの終わり」 Blue Steels
「この指とまれ」 BOOOST
「彼氏彼女の関係」 Base Ball Bear
「彼氏彼女の関係(新しい関係 ver.)」 Base Ball Bear
「ユメ日記」 堀内まり菜
「春だもの!」 堀江由衣・倉田雅世・雪乃五月
「SOME DAY ONE DAY feat.VERBAL(m-flo)」 BoA
「夜明けを待たずに」 postman
「3月の雪」 槇原敬之
「3月9日」 MACO
「Oh Tsumami」 松坊栗
「青森駅」 マニ☆ラバ
「妄想日記」 まねきケチャ
「君と僕の「I love you」」 三浦風雅
「アレコレ」 三森すずこ
「麦埼灯台」 moon drop
「screen」 Maison book girl
「ホットホワイトデリバリー♪」 モカ(茅野愛衣)
「3月2日、桜色。」 MoNoLith
「3月の嘘」 森本ナムア
「3月なんて」 山出愛子
「世界の外のどこへでも」 山崎彩音
「3月9日」 山崎育三郎
「桜色の記憶…」 山猿
「バイバイ3月」 山根万理奈
「ヒマワリ」 Yum!Yum!ORANGE
「もぉ10年 遊turing 10年前の俺」 遊助
「History V」 遊助
「Ragga Ragga Birthday」 遊助
「ビリブオアノ」 ユナイト
「13月のソラノシタ」 UNIST
「グライダー」 Lucky Kilimanjaro
「3月のウソツキ」 リアクション ザ ブッタ
「3月9日」 Little Glee Monster
「十九月」 理芽
「春色の彼女」 リリィ、さよなら。
「歌伝其の一 ~mes~」 零の人
「青春のリグレット」 麗美
「カーラ」 LEGO BIG MORL
「Merry go round」 レミオロメン
「3月9日」 レミオロメン
「アンコールII」 ONE☆DRAFT

「クラッカー・シャドー」秋山黄色

秋山黄色『クラッカー・シャドー』
秋山黄色

「過ぎし3月の君へ」doriko feat.初音ミク

過ぎし3月の君へ - doriko feat.初音ミク
B ZONE

2016.5.4発売「finale」収録※すごくいい曲。自分はMEIKO世代※なのでミクはあまり詳しくないんだがすでに有名な名曲なのか隠れた名曲なのかしらんけど兎に角歌としていい曲。(※超余談だがクリプトン・フューチャー・メディアがまだ札幌で効果音音源販売してた頃の輩ですから(;^_^A)

「春だもの」堀江由衣

春だもの!-成瀬川なるVer.-
堀江由衣 Official Channel
春だもの!-成瀬川なるVer.- · 堀江由衣(Yui Horie) · 岡崎律子 · 岡崎律子
Ho?
King Record Co.,Ltd.

2003年3月26日発売「春だもの!-成瀬川なるVer.」堀江由衣(Yui Horie)(作詞:岡崎律子、作曲:岡崎律子『ほ?(Ho?)』King Record Co.,Ltd.※「4月の雪」への序章か。岡崎律子さんはアニソンファンご存じ神アニソンSSW。ウィキ情報だが端島(軍艦島)でも有名な美少女だったらしい。そんな邪推はともかく。マジコメすると哀しくも2004年5月5日44歳の若さで急逝なされた岡崎律子さんが結果的に晩年となってしまった時期に作曲された重要作のひとつ。楽曲としては何ていうかこの頃2007年にアニソンマガジンが登場して以後現在に続くアニソンブームちょっと手前当たりの2000年代前半のたゆたう感じ?(妥当な形容詞が浮かばん、いなたいともちょっと違うんだが)このあたりの質感がたまらんのよ。まあいい意味でだがもしかしたらださっカッコいいのかも?と自分の直感や音楽センスを信じてよいかどうか的な微妙な「引っかかり」が聞いてるとだんだんクセになってくる…的な。これは細野さんも仰ってたことだがいい音楽や新しい音楽スタイルなんて初めはちょっと違和感があるような曲が多いんだよ(意訳)と。そういうアニソン爆発前のもやふわ感がこの2000年代前半頃のアニソン曲には感じられるのだ。話を戻そう。まだ死の予感すら感じさせないちょっとおきゃんな(死語)明るい感じが返って涙をさそうという。悲しいほどお天気的なおそらく偉ぶるわけではないがやはりある種のアニソンの歴史を追ってきたリスナーと共感もしくは久しぶりにアキバのGOGOカレー辺りで感想を言い合ってみたいしてみたい隠れた名曲。いずれにせよ、岡崎律子さんの曲もっと聞きたかったファンも多いことでしょう。末筆ながら、この場をお借りして改めてご冥福をお祈り申し上げます。

三月歌詞の曲 約310曲

「screen」Maison book girl

Maison book girl 「screen」LIVE @2017,05,09「Solitude HOTEL3F」@AKASAKA BLITZ
Maison book girl

2017年4月5日発売「screen」Maison book girl
※収録アルバム:2017年4月5日発売『image』(2ndアルバム)

「あゝ戻っておいで」 蒼彦太
「唐津よいよい節」 青木正晴・狩又眞美
「風雪十年」 青戸健
「哀愁波止場」 秋川雅史
「あきらめないで」 秋庭豊とアローナイツ
「真実一路」 秋山涼子
「海峡酒場」 朝花美穂
「哀愁波止場」 朝花美穂
「鯨の浜唄」 浅田あつこ
「木枯らし一号」 あさみちゆき
「青春のリグレット」 Acid Black Cherry
「背中で聞こえるユーモレスク」 ASKA
「花になる」 あぶらこぶ
「うしろ姿」 天知茂
「重力列車」 荒川ケンタウロス
「しあわせかい」 あらき淳一
「人生の道」 アリス
「二人三月」 the ARROWS
「恋跡」 いきものがかり
「ねぶた海峡」 池田輝郎
「長崎ぶらぶら節」 石川さゆり
「湯の花KOUTA」 石川さゆり
「火の国へ」 石川さゆり
「月の盃」 石川さゆり
「幸せだったわありがとう」 いしだあゆみ
「港町ブルース」 石原裕次郎
「哀愁波止場」 市川由紀乃
「雪の渡り鳥」 一条貫太
「海から来ました」 五木ひろし
「哀愁波止場」 五木ひろし
「夢の浮き橋」 五木ひろし
「恋の糸ぐるま」 井上由美子
「桜三月散歩道」 井上陽水
「Baies」 INORAN
「青春のリグレット」 今井美樹
「ザンザ岬」 入山アキ子
「春風」 岩田さゆり
「哀愁波止場」 岩本公水
「日本全国酒飲み音頭」 ET-KING
「FUN×4」 植木等
「海峡こえて」 上杉香緒里
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 宇崎竜童
「心がわり」 内山田洋とクール・ファイブ
「噂」 浦部雅美
「March of Time」 Aimer
「最後の制服」 AKB48
「絆船」 大城バネサ
「FUN ×4」 大滝詠一
「FUN×4」 太田裕美
「日付のない日記」 大塚博堂
「幻惑」 大貫妙子
「船は港にいつ帰る」 岡晴夫
「楽園の君」 osterreich
「大阪ひとり」 小野由紀子
「ワンダーラスト」 ALBRIGHT KNOT
「渇いた街」 甲斐よしひろ
「ロスアンゼルスの買物」 笠置シズ子
「時の流れ」 風
「仁吉星」 勝新太郎
「三月の分かれ道」 加藤いづみ
「9月はほうき星が流れる時」 加藤和彦
「無垢なる主人のpuppet show」 カノエラナ
「港ひとり」 川久保由香
「わたしが イチバン!!」 神崎まき
「北海あばれ節」 冠二郎
「春雪の頃」 the GazettE
「妻恋船」 北島三郎
「寂しいくちびる」 北原ミレイ
「火の国へ」 北原ミレイ
「港町ブルース」 北原ミレイ
「北浜恋唄」 北見恭子
「オホーツク流れ唄」 北見恭子
「桜三月散歩道」 キンモクセイ
「桜の風吹く街で」 KEYTALK
「亀田慕情」 黒沢明とロス・プリモス
「街灯の街」 QOOLAND
「誰もが特別だった頃」 GLAY
「星おんな」 桂銀淑
「一人分の愛 feat.戎三穂」 KELUN
「弥生」 研ナオコ🎥
「シャンシャン馬道中唄」 香西かおり
「花挽歌」 香西かおり
「春」 KOTOKO
「幻惑」 小林麻美
「ウソツキ鴎」 小林幸子
「雪の降らない街」 コブクロ
「ひとり」 ゴスペラーズ
「私が語るべきことII」 瞽女 from ミュージカル『刀剣乱舞』 髭切膝丸 双騎出陣2019
「哀愁波止場」 伍代夏子
「はまなす恋唄」 伍代夏子
「恋ざんげ」 伍代夏子
「お江戸チョイチョイ節」 伍代夏子
「桜道」 ゴーストノート
「東京旅鴉」 さかえ里美
「沓掛時次郎」 坂本冬美
「港町ブルース」 坂本冬美
「さがの路だより」 坂本冬美
「お菊(歌謡節入り)」 坂本冬美
「恋霞」 坂本冬美
「晩秋」 桜田淳子
「フランシーヌの場合」 笹生実久
「黄昏アーケード」 さだまさし
「虫くだしのララバイ」 さだまさし
「修二会」 さだまさし
「幸福になる100通りの方法」 さだまさし
「いろはにほへと」 さよならポニーテール
「転職活動」 SAWA
「三月がずっと続けばいい」 三月のパンタシア
「哀しみ桟橋」 椎名佐千子
「僕の太陽」 シギ
「斜陽」 cinema staff
「哀愁波止場」 島津亜矢
「仁侠吉良港」 島津亜矢
「元禄男の友情 立花左近」 島津亜矢
「一本釣り」 島津亜矢
「雪の渡り鳥」 島津亜矢
「吉良の仁吉」 島津亜矢
「おやじの手」 清水アキラ
「おさげと花と地蔵さんと」 清水博正
「哀愁波止場」 清水博正
「こよみをめくって汽車がゆく」 子門真人
「桜の雨」 城太郎
「涙の綱取物語」 笑福亭鶴光
「フランシーヌの場合」 新谷のり子
「螢の恋」 神野美伽
「浪花の春」 神野美伽
「三月」 Jewel
「メリーゴーランド」 すぎもとまさと
「下北情歌」 杉良太郎
「吉良の仁吉」 杉良太郎
「全力裸ブリー」 Su凸ko D凹koi
「LOVE」 セカイイチ
「懲りない私」 瀬川瑛子
「三月を越えて」 関取花
「津軽の春」 瀬口侑希
「どこかで春が」 芹洋子
「モトマチぶるうす」 千昌夫
「ペペロンチーノ・キャンディ」 相対性理論
「さくら」 高野健一
「目覚めの三月」 高野寛
「電話」 高橋真梨子
「ラヴ・ハンター」 高見知佳
「哀愁波止場」 田川寿美
「黒潮おんな節」 立樹みか
「ポッポー船」 田端義夫
「かよい船」 田端義夫
「気仙沼線」 大至
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
「イカ採りの唄」 ダ・カーポ
「ルイ」 ちあきなおみ
「春風LOVER SONG」 CHERRYBLOSSOM
「卒恋」 CHIHIRO
「雨の三月」 チャラン・ポ・ランタン
「あこがれ 花の東京」 チューリップ
「十三月の銀河」 チョーキューメイ
「春色のワンピース」 つじあやの
「Special brightness」 津田朱里
「何度でも」 tick
「哀愁波止場」 天童よしみ
「おさげと花と地蔵さんと」 天童よしみ
「風挽歌」 天童よしみ
「北海めおと節」 天童よしみ
「恋愛凡人は踊らない」 This is Last
「Keep a secret ~帽子屋の憂鬱~」 D
「旅立ちの風」 D-51
「あなたにはがっかり」 TWEEDEES
「散るは火の花」 刀剣男士 formation of つはもの
「桜が咲いたあの並木道を」 冨永裕輔
「ポスターカラー」 TRICERATOPS
「日本全国酒飲み音頭」 怒髪天
「三月のマーチ」 ドラマストア
「カレンなカレンダーガール」 ドリーミング
「三月のブルー」 Drop’s
「三月」 DOES
「北海めおと節」 中村仁美
「土佐女房」 中村美律子
「三月の風」 長澤知之
「夢ひとつ」 長保有紀
「おんなの浪花節」 長保有紀
「因幡大黒舞」 成世昌平
「あんたの里」 成世昌平
「虎落の里」 成世昌平
「私が今日泣いたことは、桜のせいにして」 nicoten
「おさげと花と地蔵さんと」 西方裕之
「愛愁の酒」 西川ひとみ
「KAGUYA」 NEWS
「地図のない旅」 根津甚八
「越前おんな舞い~竹ものがたり編」 野中さおり
「女の泪」 Nobby
「さよならガール」 H△G
「ザンザ岬」 長谷川千恵
「満州娘」 服部富子
「いろいろ節」 ハナ肇とクレイジーキャッツ
「特攻の母~ホタル~ シングルVer.」 原田悠里
「狼煙」 HWMボーカルバージョン
「フクロウの唄」 馬場俊英
「アイビー」 馬場俊英
「日本全国酒飲み音頭」 バラクーダ
「メロウホロウ」 バロック
「玄米茶」 PAN
「母恋しぐれ笠」 氷川きよし
「雪の渡り鳥」 氷川きよし
「失恋」 日吉ミミ
「さいはて港宿」 平浜ひろし
「おんな岬節」 美盛丸桜子
「ウメボシジンセイ」 ビューティフルハミングバード
「あなたのすべて」 ぴんから兄弟
「12の誕生日」 ピンキーとキラーズ
「ことづけ」 ピーター
「サクラサクナ」 風花
「LOVE」 FoZZtone
「江差恋しや」 福田こうへい
「雪の渡り鳥」 福田こうへい
「おさげと花と地蔵さんと」 福田こうへい
「港町ブルース」 藤圭子
「海がくれたバイオリン」 藤澤ノリマサ
「アンコなぜ泣く」 藤島桓夫
「残菊三河節」 藤野とし恵
「渡り鳥でござんす」 二葉百合子
「雪の渡り鳥」 二見颯一
「Smile Again」 普天間かおり
「Spring has come」 Flower
「ポスターカラー」 古井戸
「軽はずみの恋」 ブギ連
「CRAWL」 VELTPUNCH
「リサの海」 ペドロ&カプリシャス
「純白アントワネット」 放課後プリンセス
「ふるさとの親父」 細川志乃
「Dangerous feat. 吉井和哉」 布袋寅泰
「三月のプリズム」 bonobos
「今日のうた」 THE BOYS&GIRLS
「メル」 THE BOYS&GIRLS
「hope」 マカロニえんぴつ
「三月物語」 牧野由依
「白い夜」 松田聖子
「今夜はソフィストケート」 松田聖子
「青春のリグレット」 松任谷由実
「はなむけ祝い唄」 松前ひろ子
「eternal」 MANISH
「雪の桜田門」 真山一郎
「四季ノ唄」 miu
「送り酒」 三笠優子
「~吉良の仁吉の妻~お菊残照」 三笠優子
「吉良の仁吉」 三門忠司
「雪の渡り鳥」 三門忠司
「くれない酒場」 水貴かおり
「女の雪月花」 水貴かおり
「魚市場のおんな」 水木ケイ
「夕焼け桟橋」 水城なつみ
「港の雨は女の涙」 みずき舞
「男の旅情」 水木良
「京の夜嵐」 水沢明美
「北の嫁っこ」 水沢明美
「曽根崎あかり」 水沢明美
「哀愁波止場」 美空ひばり
「北満警備の唄」 美ち奴
「吉良の仁吉」 美ち奴
「ひとり」 港カヲル(グループ魂)
「紅の酒」 南なみ子
「長編歌謡浪曲 勝海舟」 三波春夫
「妻恋双六」 三波春夫
「元禄男の友情 立花左近」 三波春夫
「雪の渡り鳥」 三波春夫
「ルイ」 みなみらんぼう
「江差恋しや」 三橋美智也
「おさげと花と地蔵さんと」 三橋美智也
「あたらしいみち feat. 土岐麻子」 宮川弾アンサンブル
「シャンシャン道中馬子唄」 宮崎県民謡
「港町ブルース」 三山ひろし
「新聞少年」 三山ひろし
「おさげと花と地蔵さんと」 三山ひろし
「長編歌謡浪曲 あゝ松の廊下」 三山ひろし
「少年記」 三善英史
「四季ノ唄」 MINMI
「ニットキャップマン」 moonriders
「母賛歌」 Metis
「パライソハレルヤスンバラリア」 MOSAIC.WAV
「きっと…」 持田真樹
「酒ごころ」 森川大輔
「港町ブルース」 森進一
「シャンシャン馬道中唄」 森田彩
「少年時代」 森昌子
「あなたを待って三年三月」 森昌子
「恋草子」 森山愛子
「恩学」 MOROHA
「雪の渡り鳥」 モングン
「Good Bye Thank You」 モーモールルギャバン
「流星(ながれぼし)」 矢沢永吉
「港町ブルース」 八代亜紀
「SUPER FOLK SONG」 矢野顕子
「ニットキャップマン」 矢野顕子
「上州やぶれ笠」 山内惠介
「あかんあかん」 山口のり
「大漁恋唄」 山口ひろみ
「AIR MAIL」 山口百恵
「新聞少年」 山田太郎
「お酒は女の子守歌」 夕月彩
「ルイ」 由紀さおり
「どこかで春が」 由紀さおり・安田祥子
「エメラルドライン」 幸村精市(永井幸子)
「Oh,What a Beautiful Morning」 ユニコーン
「セク×カラ×シソンズール」 UNISON SQUARE GARDEN
「港町挽歌」 吉幾三
「赤ゆら」 よなは徹
「Mismatch」 米倉利紀
「グッド・バイ」 LUNKHEAD
「ふなやれ」 りんけんバンド
「一番くわっちー」 りんけんバンド
「手相」 レイジュ
「リフレインズ」 Rain Drops
「どこかで春が」 レインブック
「君がいない幕府 feat.お台所さま」 レキシ
「さくら さくら」 レピッシュ
「ロイヤルフラッシュ」 Royal Scandal
「何があってもあきらめない」 六本木ヒロシ
「吉備路の女」 若山かずさ
「桜咲く頃 feat. JUJU」 ONE☆DRAFT

「一本釣り」島津亜矢

島津亜矢/一本釣り
TEICHIKU RECORDS

「一本釣り」島津亜矢(作詞:阿久悠/作曲:浜圭介)ENKA is Japanese Soul Music!なんて世界の隅っこで叫びたくなるような和モノloverにも推薦の隠れた名曲.歌詞は三月(みつき)すなわち3カ月の方だが気にしない。

march歌詞の曲名 約200曲

「太陽を追いかけろ!」 Aqours
「Broken bridge」 Akeboshi
「Marchen」 ASIAN2
「let it die , let it go」 asobius
「Hometown feat. TABU ZOMBIE (from SOIL&”PIMP”SESSIONS) [Remixed by 荘子it feat. Dos Monos]」 雨のパレード
「Midnight Growl」 ANTHEM
「健忘症」 安藤裕子
「HUMAN ANIMAL」 ANNA BANANA
「ほっぴん☆すてっぴん☆しゅりんぴん」 イカ娘(金元寿子)
「LET ME LOVE」 池田政典
「風のごとく」 井上ジョー
「still in me」 IF
「Joe le taxi」 immi
「シェリーに口づけ」 岩崎良美
「Return In Triumph」 THE WILLARD
「Like a soldier ant」 UA
「Freedom March」 AIR
「GO BARMY KIDS」 SA
「(GOOD BYE) SHINING FIELDS」 SA
「March of Time」 Aimer
「Calendar Girl」 Aimer
「ダディーズ・シューズ」 ARB
「AD SONG」 AA=
「Solo le pido a Dios」 大城バネサ
「ロックン・ロール・マーチ」 大滝詠一
「Hiver」 大貫妙子
「Hiver」 大貫妙子&小松亮太
「Aguas de Marco」 沖樹莉亜
「Clattanoia」 OxT
「G.I.ブルース」 小野リサ
「Puppeteer」 OAU
「リフレインボーイ-English ver.-」 ALL OFF
「March」 梶浦由記
「愛はあなたの胸に L’amour dans ton coeur」 加藤登紀子
「Our bridge in the sunshine」 カヒミ・カリィ
「Animal Architecture 動物建築」 カヒミ・カリィ
「Boys,be Ambitious」 かまいたち
「ジェリコの戦い」 上條恒彦
「AN AMERICAN TRILOGY -アメリカの祈り-」 加山雄三
「DEDICATED」 加山雄三&ザ・ランチャーズ
「SOLDIER SINGS」 COLOR(バンド)
「THE MARCH」 color-code
「WITH SYMPATHY」 GALNERYUS
「UNITED FLAG」 GALNERYUS
「房総魂」 氣志團
「This is me」 KIMIKA
「Haiya」 Kimonos
「ミッキーマウス・マーチ(ファミリー・パラパラ・ヴァージョン)」 キューティー★マミー
「Live and let die」 Q-MHz feat. uloco.
「Another Christmas」 KinKi Kids
「白い部屋~White day in the blue~」 ギラ・ジルカ
「KUMARCH×KUMARCH」 熊枕久瑠美(久野美咲)
「Lush march!!」 Crustacea
「ミュージカル・マンス」 クリステル・チアリ、山野さと子
「太陽を追いかけろ!」 黒澤ダイヤ(小宮有紗) from Aqours
「太陽を追いかけろ!」 黒澤ルビィ(降幡愛) from Aqours
「Vanguard」 Crossfaith
「outernet」 globe
「garden」 globe
「Over The Moon」 Gutevolk
「creed」 KEMURI
「Unexpected Thunder」 KEMURI
「Handsome Johnny」 Ken Yokoyama
「Boys Don’t Cry」 Ken Yokoyama
「Hallelujah」 KOKIA
「Hallelujah」 コトリンゴ
「Marchen Star」 近江彼方(鬼頭明里)
「WHEN THE SAINTS GO MARCHING IN」 小林桂
「MARCH ON」 coldrain
「TRANSFORMER-Dream Again 2018 (English ver.)」 サイキックラバー
「beach bum」 SAKURA
「太陽を追いかけろ!」 桜内梨子(逢田梨香子) from Aqours
「sleazy ARMY blood」 SuG
「Grand symphony」 佐咲紗花
「理想の彼女」 笹本はやて from ネイチャーバーガー
「愛と死の輪舞(ロンド)」 サザンオールスターズ
「CALENDAR(with 庄子眞理子)」 さとう宗幸
「S P I N E」 Survive Said The Prophet
「Raindrop」 SOMETIME’S
「運命を選ぶ瞬間(とき)」 沢田知可子
「ANTiHERO」 散香
「カレンダー・ガール」 サーカス
「Dusty Dreams」 The Josephs
「misery-go-round」 THE CHERRY COKE$
「Always」 THE CHARM PARK
「HORNS OF PEACE」 THE REDEMPTION
「毎日たのしい1週間」 ザ・リーサルウェポンズ
「THIS IS ME」 島津亜矢
「March of the Robots」 SiM
「Vamos A La Marcha」 SHAKALABBITS
「Dat Dere」 SHANTI
「Mentirosa feat. 城田純」 城田優
「Best Wishes!」 新谷良子
「MARCHING MONSTER」 新谷良子
「年中Funky」 C&K
「The World’s Greatest」 JAY’ED
「Terminal Breakdown」 ジェッジジョンソン
「チカラノカギリ」 GENERATIONS from EXILE TRIBE
「Let’s feel Good」 ZHIEND
「ザ・パンクス」 JAPAN-狂撃-SPECIAL
「Rovers」 Jam Fuzz Kid
「RED -XTRA XCLUSIVE TRAX-」 JAMOSA
「RED feat.SEEDA」 JAMOSA
「Dream Arch」 Jewel
「WHEN THE SAINTS GO MARCHIN’IN」 スギモト☆ファミリー
「Bright!Light!」 スタァライト九九組
「Five-Eyes」 THE STARBEMS
「Two divided Rainbow」 STEREO DIVE FOUNDATION
「Affinity feat. Ozomatli」 SPICY CHOCOLATE and SLY & ROBBIE
「Always -for the world-」 SPIV STATES
「Tonight,Tonight」 THREE LIGHTS DOWN KINGS
「PRESENT MARCH♪」 スーパークリーク(優木かな)、マチカネフクキタル(新田ひより)、ハルウララ(首藤志奈)
「Dime La Verdad」 SUPER LIGHT
「STAINLESS NIGHT(Expo. Ver.)」 聖飢魔II
「THE FINEST」 Sexy Zone
「FROM A DISTANCE」 高橋洋子
「太陽を追いかけろ!」 高海千歌(伊波杏樹) from Aqours
「Dreaming All Alone」 Tacitly
「Orbit」 Tacitly
「Orphee」 DUSTZ
「FLAGSHIP FANFARE」 茅原実里
「Lush march!!」 茅原実里
「FROM A DISTANCE」 土屋アンナ
「March For Peace」 the telephones
「Un Deux Trois」 Diggy-MO’
「DEAD MAN MARCH」 Diggy-MO’
「13月の夢見丘」 D
「One World feat. Ayana」 DJ KAWASAKI
「Muteki」 Def Tech
「Emergency」 Def Tech
「STAMPEDE MARCH」 東京スカパラダイスオーケストラ
「LET ME SCREAM」 Tommy heavenly6
「March for Peace」 豊崎愛生
「ダディーズ・シューズ」 トリプルH
「Marching For Freedom」 TOTALFAT
「STILL GOIN’ ON FEAT’ 50CALIBER・HAKU THE ANUBIZ・WEZ FROM YALLA FAMILY」 Dragon Ash
「Perfect Government」 Dragon Ash
「この街で」 DREAMS COME TRUE
「Puritan Dub」 ドレスコーズ
「India Lights feat. Mahesh Vinayakram」 NaotoHiroki&Karatesystems
「HAVEN」 ナノ
「Get Ready」 Nulbarich
「Man Of La Mancha」 新妻聖子
「Luster」 (K)NoW_NAME
「thyme」 (K)NoW_NAME
「ギンザ・レッド・ウィ・ウィ」 野宮真貴
「L,N,C,L」 NO BRIGHT GIRL
「HAPPY BIRTHDAY to me」 hy4_4yh
「イン・マイ・シークレット・ライフ」 原田知世
「LIGHT AND SHADOW」 HAWAIIAN6
「Poupees Vaudoux」 Banda Magda
「TROUBLE」 VAMPS
「Cum On Feel The Marchen – なんてったってメルヘン」 Perpetual Dreamer
「Alice in N.Y.」 ひとしずく×やま△ feat.初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO、GUMI、神威がくぽ、IA、MAYU
「Mickey Mouse March」 平井大
「The Naked King ~What a Beautiful Life~」 BIGMAMA
「NEW WORLD」 B.A.P
「Keep On Marching」 FIVE NEW OLD
「REVOLUTION」 FIRE BALL
「禁忌の寓話」 IV KLORE
「Drop a curtain with kiss scene」 for better, for worse
「はたふってパレード」 フランス(小野坂昌也)
「Merry Angel」 FURIL’
「GO CRAZY」 BLUE ENCOUNT
「Marchin’ In April」 ブレッド&バター
「The Beginning」 BENNIE BECCA
「The Cure」 MAN WITH A MISSION
「Unbirthday」 MIGMA SHELTER
「Clattanoia(penumbral)」 MYTH & ROID
「結婚式の唄~季節はずれのウェディングマーチ~」 MIYAVI
「東京 et 巴里」 宮本笑里×solita
「TOKYO MY WAY」 Monsieur D.
「SUPER SONIC DANCE」 m.o.v.e
「女神の裁き~Death Queen’s March~」 Mary’s Blood
「May Day」 METAFIVE
「MARCH」 Metis
「Gone」 MONOEYES
「Carry Your Torch」 MONOEYES
「Cold Reaction」 MONOEYES
「聖者の行進」 森山良子
「Kill Me」 yahyel
「グラシアス・ア・ラ・ヴィーダ」 Yae
「GIRL-FRIEND (FRENCH VERSION)」 山下久美子
「哲学しよう(Viens Philosopher)」 山田邦子
「The Blessing」 YOASOBI
「Monster」 YOASOBI
「Sing a song A brighter will come」 Runny Noize
「愛のパズル」 Rafvery
「Fool’s Paradise」 LOVE
「It rains」 LOVE PSYCHEDELICO
「Together」 LOVE PSYCHEDELICO
「mark the signs」 love solfege(feat.真名辺あや)
「HOLY WAR」 LOVEBITES
「Another Day Goes By」 Lizabet
「3月の夢~Dream of March~」 Le Couple
「Daydream You Made」 The Recreations
「Hole up」 LONGMAN

「イン・マイ・シークレット・ライフ」 原田知世

In My Secret Life
原田知世

イン・マイ・シークレット・ライフ 原田知世 (作詞:Leonard Cohen・Sharon Robinson/作曲:Leonard Cohen・Sharon Robinson)※歌詞はmarchingなので3月の歌というわけではないがなにげに低音も魅力的な原田知世さんのヴォーカルと楽曲の音の質感生成りのような肌触りが春のまどろみによく似合いそうな曲。

まとめ(備考)

3月曲名約800曲:(※曲名・アーティスト名のみ)
・3月タイトルの曲名 約30曲
・三月タイトルの曲名 約30曲
・Marchタイトルの曲名 約70曲
・3月歌詞の曲 約150曲
・三月歌詞の曲 約310曲
・march歌詞の曲名 約210曲

こちらで掲載した3月の曲の一部は別記事のプレイリストなどでご紹介しております。よろしければあわせてご覧ください。

【春曲】春の歌 女性歌手 早春ソング 歴代 70s 80s + DaJare mix
春の歌 女性歌手 春曲 歴代 3月ソング 70s 80s + 最近まで選曲:早春の3月に聴きたい女性歌手春うた特集(70年代80年代の昭和女性アイドル歌手。90年代以降のJ-POP女性アーティスト。懐かしい春歌からおしゃれな春ソング。定番ヒット曲から隠れた名曲まで。歴代春曲をざっと年代別・年別に選曲)早春のドライブなど行楽や作業用プレイリストにどうぞ!
テキストのコピーはできません。