70s Tower Of Power 名曲 おすすめ ドラム David Garibaldi

ガリバルディ ロッコ1970s

タワーオブパワーの名ドラマー、デビッド・ガリバルディ(David Garibaldi)先生の70年代初期名盤などからドラマーさん向けのおすすめ曲やドラム教則動画など。

以前タワーオブパワー名盤『Back To Oakland』を紹介した。

1974 Tower Of Power 名曲 Can't You See? (You Doin' me wrong) 名盤 Back to Oakland
1974年名盤『Back To Oakland』で「Can't You See? (You Doin' me wron...

Oakland Strokeは昔からドラマーさんに人気の曲。別アルバムのドラム名曲、1973『Tower of power』収録Soul Vaccinationなどドラマー御用達の定番曲や初期作品でドラムが気になる曲もここでまとめておきたい。

また、ガリバルディ氏のドラム教則動画でOakland Strokeが生まれた背景などがインタヴューされているのであわせてご紹介させて頂こうと思う。


タワーオブパワー 初期のドラム名曲

まず、タワーオブパワー名曲でドラマー人気の定番曲を年代順に並べておこう。

  • What is Hip? / Tower of Power #3rd / 1973
  • Soul Vaccination / Tower of Power #3rd / 1973
  • Oakland Stroke / Back to Oakland #4th / 1974

このうち前者はそれぞれ16ビートのソリッドファンク。TOPのファンクナンバーの代表曲として、日本でも多くのファンに人気なのはご承知のとおり。ともにアルバム3枚目『Tower of Power』収録。

Oakland Strokeはのちほど詳しくふれるが前回ご紹介した1974年の名盤『Back to Oakland』オープニングとエンディングの収録曲。

Oakland Stroke 1 plus 2

Oakland Stroke(動画はアルバム版2曲をつなげたもの)

デビッド・ガリバルディ ドラム おすすめ動画

デビッド・ガリバルディのドラム教本動画

ここでは、YouTubeなどで視聴できるガリバルディ先生のドラム教則動画などをいくつかふれておこうと思う。

David Garibaldi: The Oakland Stroke – Drum Lesson (Drumeo)

David Garibaldi: The Oakland Stroke – Drum Lesson (Drumeo)

この動画は、Oakland Strokeのパターンをどうやって思いついたかという話。

前半は曲を作った時のエピソード。要約すると、Oakland Strokeのルーディメントはリハーサルの合間にRemoのドラムパッドなどで遊んだりジャムセッションをしていて思い浮かんだとのこと。

(2:00~)

その頃はまだ、2分音符、4分音符を使わないリズムの曲。What is hip?やSoul Vaccinationなどの伝統的なファンク以外の曲を演っていなかったときで、アルバムに入れる曲が足りないから何かないかといわれ、遊んでいたときに思い浮かんだリズムをもとに仕上げていったそうだ。

(3:20~)

バスドラはサンバのリズムだそう。さらにバスドラ>ハイハット>スネアというぐあいにルーディメントを組み立てたとのこと。

バスドラでサンバのリズムパターン(オスティナート, ostinato)
(タンタタ タンタタ)
>ハイハットでバスドラと同じパターン
>それにスネア

David Garibaldi: Escape From Oakland: Explanation of all Grooves

David Garibaldi: Escape From Oakland: Explanation of all Grooves…

もうひとつガリバルディ好きのドラマーにおすすめ動画を。こちらは実際のパターンやゴーストノートなどをよく説明している動画。(なぜか再生回数3万ぐらいだがけっこう神動画かと)

こちらでは彼が”Oakland Style”と呼んでいる良く使う4つの基本Grooveパタンを紹介。

はじめの”Escape from Oakland”では、いわゆるゴーストノートなどを「右HH、左HS。スネアは高低2つの音色を使い分けして(2:00頃)」というぐあいに初心者向けに説明してくれている。

Oakland Strokeは(4:00頃~)。

とくに解説はしていないが、ここでもよくみるとガリバルディ先生のスネアのゴーストノートの左手の高さなどがわかる。

他に特徴的としてはカウベルやリムなどを使ってラテン要素も取り入れているとのこと。

いずれにせよ若かりし頃のガリバルディ先生の実演教材はやはりおすすめかと。

Ghost notes(X)

ゴーストノート(Ghost note)とは:ピッチ(音高)が認識できないほどの小さな音(ミュート音)で演奏されるリズム音符の1つ。楽譜ではXの音符記号で示される。ドラムでは主にスネアやハイハットでファンクの16ビートなどに使われ、グルーブ(Groove)をうむ効果をねらう。

(ゴーストノートについて私なりに簡単に説明を書いておきましたが、詳しい解説は日本のプロの先生方も良い解説や動画をあげてくださってるので省略させて頂きます。)

寅山
寅山

学生時代に叩いてましたがわたしゃブランクありすぎで自信なし(社会人になってからはたまにコンガさわった程度😅)

オークランド・スタイル Oakland Style とは?

余談だが、上の動画で紹介したように、ガリバルディのドラミングはもちろんファンクがベースだがそこにサンバやラテンの要素が絡み合った彼独自の「オークランド・スタイル(Oakland Style)」とのこと。

(個人的にはNO(ニューオリンズ・ファンク)のセカンドラインの要素も感じるがそこは名言しているわけではない。)

「オークランド・ファンク」?

TOPというグループ自体は、日本でカテゴライズされてきたように「オークランド・ファンク」といったほうが分かりやすいかもしれない。

だが、どうもガリバルディ先生を長年追っかけてると、ファンクはもちろん誰よりもリスペクトしているだろうが、おそらくファンクはやはりJB’sという意識があり、自分たちは地元オークランドに根ざした何か新しいGrooveを創り出したいという情熱が根底にある。若い頃のこうしたドラム教本動画などをみているとそう強く感じる。

(と彼らのジャンル云々なんて話は評論家臭いかも汗。それはそれでファンとしては多少興味はあるが。ここでは本筋ではないのでもし機会があれば別稿で。)

“Back to Oakland”以外のドラマーおすすめ曲

話を戻して、”Back to Oakland”のアルバム以外のドラマーさんおすすめ曲などもついでにふれておく。(ご存知のかたはスルーしておくんなまし。)

Soul Vaccination

TOP / Tower of Power / Soul Vaccination

Soul Vaccination

こちらは2ndアルバムのオリジナル。あとで紹介するようにライブ版もあるが、個人的にはこのアルバムのドラムではハイハットがきれいに聴けておすすめ。

1974 / Soul Vaccination (Live ) / Hipper than Hip

Tower Of Power – Soul Vaccination (Live 1974) – HQ

こちらはファンの方にはおなじみの近年の話題作のバージョン。輸入盤もあるが個人的にP-Vine版がおすすめ。(やはり愛着と解説の豊富さが。)

<広告>Hipper Than Hip / P Vine

その他、ファーストアルバムのKnock Yourself Outなどの曲でも若きガリバルディのドラミングが聞ける。JBsをほうふつとさせながらも、この頃から技巧的な粗削りなファンクドラム。もし初期のガリバルディをもう少し聴いてみたいという人には面白いかも。

The PriceはガリバルディのドラムがJBsの泥臭いファンクの変化球という感じでJBs好きには面白い。アルバム自体はボーカルとバンドのマッチングなどで好みが別れるのだろう。ドラムというより、曲としてはBack on the Streets Againも初期ブラスロックとファンクをかけたようで気になる曲。(だが個人的には聴くときの体調によると思う。あのボーカルを受けとめるだけの😅スミマセン)

だが、エミリオらメンバーにとってはやはり思い出深いアルバムのはずで”Knock Yourself Out”などが彼らのライブ定番曲なのはファンの方御存じのとおり。1976年のライブ盤『Live and in living colors』では20分超の圧巻の演奏が聴ける。

1976 / Knock Yourself Out (Live) / Live and in living colors

Knock Yourself Out (Live)

つい長くなった。

今回はこの辺でおひらきに。


(あとがき)ちなみに、ガリバルディ先生は2017年来日キャンセルの原因となった事故のあと何とか回復され、2019年現在はステージなども精力的にこなしているとのこと。ときどきお元気そうにTwitterでつぶやかれてます☻


  • What is Hip? / Tower of Power #3/ 1973
  • Soul Vaccination / Tower of Power #3 / 1973
  • Oakland Stroke / Back to Oakland #4 / 1974
テキストのコピーはできません。