サザンソウル・ディープソウル『編集テープ』vol.1

ジャンル・地域
ジャンル・地域

懐かしいカセットテープが引越しなどでふと見つかったりすることはないだろうか。押入のダンボール箱に埋もれてた高校時代の編集テープ。中学時代の手書きレーベルなど。

そんな古い友人のような音源から蘇る「久しぶりに音楽でも聴いてみようか」という気持ち。誰にもある生活の1シーンから新たな音楽との出会いを感じる連載企画(?ほんまか😅)。

その名もずばり『編集テープ』(ベタベタやん/ω\ちょっと恥ずかしいw) 。

赤裸々な中二病のカミングアウトか。はたまた他人には分かってもらえぬ情熱や衝動がテープを作ったときには確かにあったことを隠したい青春暗黒史のささやかな傷の舐め哀歌。何が飛び出るか分からないが取りあえず徒然なるままに書いてみようと思ふ。

『編集テープ』 vol.1は「サザンソウル・ディープソウル」
ソウルミュージックのなかでもとりわけソウルフルな南部ソウル(略して「そそる」?)

『編集テープ』vol.1

私事だが先日実家で高校時代に友人が作ってくれたブツが出てた。

アイキャッチ画像をご覧頂けばお分かりのようにかなり煤けたヤバいレア物だ。

このブログの原点はソウルミュージック。なかでもサザンソウル。スタックスやアトランティクレコードなどを中心とした60年代ディープソウル。

(本音をいえばアーバンと形容詞がついた時点で微妙だし、いくらヤマタツさんや鳥小屋でフィリーを称え、ララは愛してるの意味だとそそろうとも私の心は固く閉ざされ「それは、不自然なのよ・・・(by ララァスン)」という「坊やだからさ」の高校時代だった。

ブログの意匠もSTAXとAtlanticにEGREMをブレンドして栃木北関東風味で和えたもの。伝わるかどうかは私の素人webデザイン技術に比例するのでこんなこと書くのも恥ずかしい。ただむかし愛したレコードレーベルへのリスペクトの気持ちだけは薄髭が生えた頃から世間の波にもまれて多少は分別が備わったはずの今でも押さえがたい。そうソウルミュージックとはそそる音楽なのである。

このくだり、我ながら意味不明だが(汗)。酔って書いたのかもしらん。ま、とにかく男子高時代はサザンソウルにハマっていたらしい。
または久しぶりに懐かしいこのテープが見つかったからのようだ。

さて、個人的なエピソードはこのくらいにして曲紹介に入ろう。

そんなわけでサザンソウルなどを取り上げる嚆矢としてまずは個人的な原点でもあるこの編集テープをもとにおすすめのソウル名曲をご紹介したいと思う。


Sweet Soul Music ~ “Deeper than Deep in My Soul” playlists

Solomon Burke – Home in your heart

(YouTubeのプレイリストを作成してみました。動画主さんに感謝。)
I made youtube playlists of this songsThank you for each channel fellows.

Patterson Twins ‎– If Ever I Got You Back
Bobby Williams – These arms of mine
以外はYouTubeで音源がみつかりました。

Patterson Twins - If Ever I Got You Back
Discogs で Patterson Twins - If Ever I Got You Back に関するリリース、レビュー、クレジット、楽曲などを発見し、Patterson Twins のコレクションを完成させましょう。

A面

(古いっwと云われそうです。ここではテープ形式で)

1 2:26 Arthur Conley-Sweet Soul Music
2 2:07 Solomon Burke – Home in your heart
3 3:26 The Soul Clan – That’s How I Feel 1968
4 3:19 George Perkins – Cryin’ in the Streets pt 1
5 3:01 The Keys & O.V. Wright – That’s How Strong My Love Is (Official Audio)
6 3:02 Percy Milem – I don’t know what you’ve got
7 2:38 Howard Tate – I Learned It All the Hard Way
8 3:16 Maurice & Mac – What Am I Gonna Do (1969)

B面

9 2:50 Spencer Wiggins I’d Rather Go Blind
10 2:42 Clarence Carter – Soul Deep
11 2:49 Otis Clay – You Don’t Miss Your Water
12 2:57 Pic & Bill / Soul-of a man
13 2:50 Johnny Soul / I Almost Called Your Name
14 3:41 Don’t Blame me – Willie Hightower
15 2:53 Paul Kelly / Nine Out Of Ten Times
16 2:06 Don Bryant – I’ll Go Crazy
17 2:27 Chuck Armstrong – Why Does It Hurt So Bad
18 3:01 Aretha, Sing One for Me – George Jackson
19 3:02 The Ovations – Hooked On A Feeling
20 4:38 Ollie Nightingale – All I Feel Is Love
21 4:39 James Carr – Take Me To The Limit

ソウルミュージック体験

ソウルミュージック。とりわけサザンソウルやディープソウルの熱中時代。

ソウルファン諸氏の御慧眼に頼めば今見てもかなり渋い選曲だとお分かりいただけると思うが実はこれを聴いていたのはまだ16~17の頃だった。

80年代半ば。学校ではおニャン子クラブが流行り岡田有希子さんの事件に打ちひしがれBOØWYが絶頂期に解散し話題になった頃。

60年代にソウルミュージック体験をした忌野清志郎さんとリンコさんを引き合いにするのは畏れ多いが後に彼らが69年日野高校3年生の頃にオーティスやBooker T.&The M.G’sを愛聴していたと知った。

92年の『Memphis』ライブで初めてBooker T.&The M.G’sを生で見た。清志郎の前座の5曲だったがGt.のSteve Cropperが大柄で驚いた。大阪城ホールかどこか少々さだかでない。あのステージの清志郎さんのMCでソウルミュージックやSTAXへの熱い思い出をシャイに語るのを聞き、田舎の男子高校生だった自分らもそこだけは似たような青春時代を過ごしたのかもしれないとうれしくなったものだ。

あとがき

高校時代からの自分の愛聴盤をご紹介した。正直かなり濃い選曲かもしれない。

(学ラン着た高校生が聞く曲かと自分で自分たちにツッコミ入れたくなる苦笑)

サザンソウル初心者向き・・・でもないかもしれない。サザンソウル初心者にはソウルチルドレンやステイプルシンガーズなどの定番をお薦めする。

だがサザンソウルのなかでもディープソウルって奴を聞いてみたいと思われたツワモノにはおすすめしたい本物ソウル満載である(一部激レア在中)。

親友は当時まだサザンソウル素人だった私を感化すべく「かなり入門編」とか言ってた気もするが。客観的にみてもよく知られた曲はA1のSweetSoilMusicやA4のThat’s How Strong My Love Isぐらいかもしれない(ちなみにA4はOtisではなくO.V.Wrightのカバー)。実際、高校卒業後大阪の大学に行きバンドの先輩ら黒人音楽好きと称する方々とも交流したがあまりこの編集テープを「私の宝物です!」とみせて意気投合した人は少なかった。コンピはみたことがない。

秋の夜長などにディープなソウルミュージックに浸りたいなんて方や静かに深く酔いたいという夜にはヨロシイかもしれない。

個人的には晩秋の北関東のドライブで聴くとハマる。とくに空っ風が吹く頃の栃木から鹿沼あたりへを走る時などがベストマッチかと思う。

ラジオにあきたらオススメ。演歌もいいけどサザンソウルもね。

(追記)あ、もしやカセットテープがわからない人いるのだろうか?(;’∀’)
カセットテープってなに?という人はこちらの参考記事などをチェックされたし(外部リンク)

(『編集テープ』どうやら第一弾企画が濃すぎて企画打ち切りムードが漂っているが。ネタはある。少なくともダンボール2箱分以上。)

つぎはデュラン・デュランとか聖子チャン特集とかでもしようかのう。

は、恥ずい・・あ、それともやっぱりソウル系つながりで甘茶ソウル系なんかも。シルビアとかお好きな方いるだろうか。

シティポップあたりは夏にやる予定。秋冬はいいや。

スポンサーリンク