1984 菊池桃子 青春のいじわる 他 (桃子さんお幸せに)

桃1980s

最近わたしの頭のなかで鳴りやまないフレーズがある。

「青春の躊躇いの中で 僕達は動けずにいたね」♪

出典はこの歌。1984年菊池桃子さんのデビュー曲。

その名も「青春のいじわる」😂

(画像はAmazonにリンク)ちなみに左上は当時「桃缶(ももかん)」と言ってた。

察しのよい諸兄ならもう言いたいことは大体想像できるだろう。

そう。あの衝撃の2019.11.4事件(報道では11.5)以降どうもこの歌詞の一部が頭から離れない。

これをたよりに自らの中二病に男のけじめをつけておきたい。(なんのだw)

1984年 菊池桃子 青春のいじわる

1984年4月21日菊池桃子 青春のいじわる(デビュー曲)

菊池桃子 青春のいじわる

作詞:秋元康 / 作曲:林哲司 

曲はMr. Melodyこと林哲司さん。文句なしの美メロ。天才。

ご存じかと思うが一応書いておくと林哲司さんはいわずと知れた名作曲家。とくに私ら世代にはやや陳腐だが神といいたくなる。70年代~80年代のシティポップだけでなく歌謡曲でも数々の名曲を残しておられ私も崇拝する作曲家の御一人。竹内まりや「SEPTEMBER」中森明菜「北ウイング」上田正樹「悲しい色やねん」などなどもうツボぞろい。いつか特集やりたい。

詞はかの大作詞家秋元康先生。

正直、私はおニャン子の頃からちょっと苦手だが。(おい)

(秋元先生についての愛憎を書き出すと長くなるので止めるが結論からいうともちろん尊敬はしている。)

しかし憎らしいほど今のわたしの気持ちを代弁していると思う。( ̄▽ ̄;)

一部歌詞を引用させて頂きたい。

緩い坂道 錆たバス停 遠い街が黄昏てく 君は僕から少し離れてガードレール腰掛けてた

秋元康 青春のいじわる

さすが秋元先生。みごとに乃木坂辺りの光景を描き出している(妄想)。出だしからして名作。

だが今日のポイントは次の詞だ。

君は怒っているみたい 何も話してくれないね

青春の躊躇いの中で 僕達は動けずにいたね

菊池桃子 青春のいじわる

!!!

(ついで扱いで恐縮だが秋元先生の詞が名作から神作に思えた。なんというデジャブ感。予知夢ですか怖いです)

動けませんでした。

あのニュースを拝見してから。

躊躇いの中でした。


■「あのニュース」とは?国民的関心に

余談ながら。なぜかわざわざNHKがお相手のコメントまで報道するというフシギ。お子さんもおられることだしタレントとはいえご再婚だし局長は公人とはいえそこは思いきりプライベートだし。そこは素朴なギモン。

NHK, “菊池桃子さんと結婚の経産省局長「とてもハッピー」”
2019年11月5日 14時57分(参照同日)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191105/k10012164811000.html

いやそれはハッピーでしょうけど。

NHK, “菊池桃子さんと経産省局長が結婚 経済再生相「ことば出ず」”, 2019年11月5日 15時04分(参照同日)

しかもごていねいに担当大臣のコメントまで。

タレントの菊池桃子さんが経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長と結婚したことについて、新原氏と旧通産省で同僚だった西村経済再生担当大臣は「ことばがしばらく出なかった」と述べたうえで、幸せな結婚生活を送ってほしいと2人を祝福しました。


https://www3.nhk.or.jp › news › html

しかもわざわざ元同僚だったことにふれるなんて。いかにも・・・ではないですか。これはあくまで筆者の妄想だが文字だけみるとどうにも悔しみにみちあふれた負け惜しみにしか読めない。

(繰り返えしますがもちろんここは筆者の妄想。そして仮に憶測が当たったとしてもそれは80年代当時の日本男児なら至極自然な反応。笑)

別に報道を問題視しているわけではありません。そんなことまで気になる自分がどこかおかしいのかもしれない(苦笑)。

念のためフォローをいれておくとNHK報道では担当大臣のにこやかな笑顔の写真が使われており記事自体の印象からはそんな筆者の妄想は伺えない。また担当記者の方もあまり深く考えずに素直に著名人の御祝い事として掲載したのかもしれない。

さらに強調しておくが自分もパパラッチではないし、まあプライベートまでどうなのかというグレーな部分は感じるが、だからといって省庁の局長級の方なので実名報道がどうこういうつもりはない。

■80年代の菊池桃子さんの破壊力

しかしである。

どうにも個人的に11月5日から調子がおかしい(爆)

頭(理性)では理解したつもりでも冒頭でふれたようにあの曲がリフレインしてとまらない。

いい大人が

「青春のためらいのなかで~ぼ~くたちは動けずに」

いるのだ。

なんだろう。この喪失感。

たんなる中二病か。

それともまさに自分の思春期である中学時代の3年間を桃ちゃんと共に過ごし(妄想)80年代菊池桃子作品やCMの数々がDNAレベルまで刷り込まれたことによる潜在意識下での拒絶反応なのか(爆発)。

フロイト心理学におけるリビドー的考察をしながら湯船に浸かるという風呂意図的欲求不満なのか(ああもう支離滅裂)。

とにかくウン十年も一応まっとうな社会人生活をおくったいい年こいた大人だったつもりが恥ずかしくも内なる動揺を抱えた自分に気づき狼狽えてしまうというそれこそ中学時代に読んだ田山花袋まで思い出すほどナンかオカシイのである。

ワシだけかな。(みんなどうなんだろ)

1985年 菊池桃子 卒業 -Graduation-

1985年2月にリリースした4枚目のシングル

卒業ソング特集でもふれた名曲。

暦の歌 3月 卒業式シーズンに聴きたいレトロ名曲
暦は3月。3月といえば卒業式シーズンですね。3月に聴きたい昭和の歌謡曲や懐メロなどを中心に、筆者の独断...

まさか2度引用させて頂くとは(;´∀`)

(参考動画)

菊池桃子 – 卒業 -Graduation- (HD 720p) 1986年武道館ライブ

菊池桃子 – 卒業 -Graduation-

こちらの動画は1986年武道館ライブとなっているが当時中3だった自分の記憶にあるのは1985年2月の武道館コンサート。

さすがに記憶がおぼろげながら当時ニュースで話題になっていたことは印象に残っている。(高校受験シーズンの頃だったので羨ましかった。)

ウィキペディアなどによれば、ビートルズの公演の観客動員数を抜く快挙だったとのこと(二万二千人超)。


ちなみにビートルズの武道館ライブは5回で約5万人とされているのでアバウトにいって約1万人ほどでしょうか。

ザ・ビートルズ(ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター)来日公演 1966年6月30日~7月2日、日本武道館(東京・千代田)で昼夜5回にわたって開かれ、約5万人の観客が詰めかけた。武道館初のロック・コンサートとなる。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO07425310Q6A920C1000000/

1985 菊池桃子 もうあえないかもしれない

1985年9月にリリースした6枚目のシングル

※こちらのEPはメルカリで探した方がよさげでした(2019年11月17日現在)

♪「もうあえないかもしれない 秋は旅人」

ちなみにウィキ情報だがグリコポッキーCMの駅情報が。どなたかが調べてくれたか分からないが貴重な情報提供に感謝申し上げたい。

江崎グリコ「ポッキー」のCMに使用された。ロケに使われたのは、1991年6月30日に廃止された岡山県の同和鉱業片上鉄道の吉ヶ原駅だった。尚、この時駅名は「高ヶ原駅」となっていた。

ウィキペディア「もう逢えないかもしれない」

多分調べたい人もいるだろうからついでに補足しておくと、この吉ヶ原駅(きちがはらえき)は岡山県久米郡柵原町(現・美咲町)吉ヶ原に位置していた同和鉱業片上鉄道の駅で2019年現在は廃駅とのこと。

機会があればぜひ秋にここを訪れ「あなたに枯葉の音がした」といわれてみたいものである。

とまあそんなことが浮かんでは消えた遅い秋の今日この頃だった。

(さびしいからポッキーでも食おう。)

まとめ

末筆ながら桃子さんご家族の皆様末永くお幸せに。

(とってつけたようですが(笑)本心です☻)


30th anniversary 菊池桃子 in トップテン―日本テレビ秘蔵映像集― [DVD]

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
伝説のアイドル・菊池桃子が出演した「ザ・トップテン」などの歌唱映像を収めたBOX。「青春のいじわる」「SUMMER EYES」「卒業-GRADUATION-」「BOYのテーマ」「もう逢えないかもしれない」「アイドルを探せ」「少年は天使を殺す」ほかを収録。

青春ラブレター~30th Celebration Best~(初回生産限定盤)
菊池桃子 形式: CD

30周年を記念しての再レコーディング盤(現在の菊池桃子さんがアコースティックアレンジで歌うもの)

曲目リスト
ディスク:1
1. 青春のいじわる
2. SUMMER EYES
3. 雪にかいたLOVE LETTER
4. 卒業-GRADUATION-
5. BOYのテーマ
6. もう逢えないかもしれない
7. Broken Sunset
8. 夏色片想い
9. Say Yes!
10. Ocean Side
11. 青春ラブレター
12. “Momoko’sスペシャルトーク” (Bonus Track)

商品の説明
内容紹介
菊池桃子歌手デビュー30周年記念アルバムです。16~18歳までにリリースしたシングル9曲、1stアルバムより1曲をギターアレンジを施したで形で再録音に加え、作詞:鈴木おさむ氏、作曲:つんくによる書き下ろし曲を収録!30周年ならではの作品そして、今も変わらない“天使のような囁きVoice”とともに青春時代が蘇る!

初回生産限定盤は豪華3大特典付き! !
<“Momoco+BOMB”Mini Book付き>
イメージガールを務めた学研「Momoco」や学研「BOMB」表紙・中面に掲載された写真、別冊「Momoco」表紙などの当時紙面を組んで構成した豪華ミニブックレット付き
<スペシャルBOX仕様>
豪華外箱付きのパッケージ
<ボーナストラック“Momoko’S スペシャルトーク”収録>
今の菊池桃子が当時の思い出や今回のレコーディングについて語っている、ラジオ番組風のトークを収録

※初回限定盤をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。
※在庫がなくなり次第終了となります。

テキストのコピーはできません。