アフロキューバンリズム おすすめ盤 ルーツ系 民族音楽・ルンバ 3選

音楽 ジャンル 地域
音楽 ジャンル 地域

アフロキューバン(afro cuban)といえばアフロキューバンジャズの名盤はジャズ系情報でわりと目にしますが、入門編としてルーツ系(民族音楽・ルンバ)のリズムを聴きたいときなどにどれがよいか迷うことはありませんか。

個人的には2000年代後半頃にその辺を物色していたのですが輸入盤でアルバム名などはあっても日本語で書かれたレビューなどが少なくて当時はまだ見当がつかなかった自分はどれを選んでよいか迷った記憶があります。

そこで自分が購入して聴いてよかったと思ったアルバムから3枚ほどおすすめをご紹介したいと思います。

はじめに

Rumba Guaguancó –"El Solar de los 6" – Casa de Amado – La Habana 2011
Rumba Guaguancó – “El Solar de los 6” – Casa de Amado – La Habana 2011 – Gingerfilm Latin

はじめに民族音楽やラテン音楽のジャンルでいうところのキューバのルンバについてざっくりご説明しておきます。

まず日本でよく知られている社交ダンスや昭和歌謡のそれとは別ものです。

昭和歌謡でいえば戦後から昭和20年代頃に流行ったルンバのタイトルがつく曲。例えば昭和23年(1948年)にヒットした二葉あき子さんの「さよならルンバ」(♪さよなら~おわかれしましょ)などはもちろん昭和歌謡の名曲ですがキューバ音楽のジャンルでいえばソン(Son)になります。

キューバのルンバ(Rumba)というのは踊りと音楽の2つの意味合いがあります。

ルンバの踊りは男女のペアで布切れを持って互いに急所をねらうふりをして遊ぶ要素を含んだダンス。上の動画はキューバの路地裏で撮影されたものでわかりやすいと思います。

管理人の拙いことばでざっくりイメージをいうとガニ股の2匹の蟹(かに)サンが左右に揺れながら隙あらば赤いバンダナで攻撃する。そんな感じでしょうか(笑)

ルンバの音楽は基本的にクラーベと太鼓(コンガやバタ)でハチロク(6/8)のリズムを叩きながらコロ(コーラス)をかけあいながら(いわゆるコールアンドレスポンスのように)歌うダンスの伴奏曲。つまりもとは踊りが主役。なのでキューバでルンバといえば踊りと音楽がセットになっていることが伝統で現在のキューバでも一般的なスタイル。


音楽のルーツは19世紀(1880年代)にキューバの北西部のハバナやマタンサス(Matanzas)周辺でうまれたとされています。

英語版Wikipediaによれば、ほとんどの民族音楽学者は、ルンバのルーツが1880年代のハバナとマタンサスのソラレス(solares)にみられることで同意しているとのこと。ソラレスは別名クアルテリア(cuarterías)ともいわれるハバナとマタンザスの貧しいドック地区にある大きな家。

Most ethnomusicologists agree that the roots of rumba can be found in the solares of Havana and Matanzas during the 1880s.[25] The solares, also known as cuarterías, were large houses in the poor dock neighborhoods of Havana and Matanzas.

https://en.wikipedia.org/wiki/Cuban_rumba#History

ちなみにおなじアフリカ由来のアフロルーツ音楽にチャングイという音楽もありますがそちらはキューバの東側でうまれたもの。

さらにルーツをさかのぼれば16世紀頃の奴隷船やその出身地の部族の違い。現在のナイジェリアの西側の部族と中央の部族そして南側の部族の違いになどに由来するのですがその辺はまた別の機会に。)

1920年代頃からレコード録音などがはじまり音楽としてのルンバも発展。

1950年代にはマタンサス市でロス・ムニェキートス・デ・マタンサ (Los Muñequitos de Matanzas)などルンバのグループも活動。

キューバのルンバ系のアルバムはロス・ムニェキートス・デ・マタンサス(Los munuquitos de matanzas)やロスパピネスといった古くから活動する有名グループやルンベーロス・デ・クバ(Rumberos de Cuba)などの若手など名盤がありそれらは別にご紹介したいと思います。

ムニェキートスでは2019年に傑作アルバムが2作登場したのでこちらに追記させてもらいます。どちらもおすすめですが個人的には2019年1月の『Maferefún la Rumba』がイチ押し。

内容ももちろんですが基本ジャケ買い派なので(笑)。

Maferefún la Rumba ロス・ムニェキートス・デ・マタンサス

登録情報
オリジナル盤発売日: 2019/1/4
発売日: 2019/1/4
レーベル: Bis Music
著作権: (C) 2018 Bis Music

Amazon Music Unlimitedなどのストリーミング配信で聴けます。

(CDはなかなかみつからりません。)

2019年8月『La Bandera de Mi Tierra』のほうはアオラ(Ahora Corporation)さんなどでCD-Rでの取り扱いがあるそうです。

【SSM音盤】SweetSoilMusic音盤音源のおと(ノート):

Genre:Roots/Roots Groove

ジャンル(Genre):

Roots:民族音楽、ルーツジャズ(アフロラテンジャズ、アフリカ回帰志向のジャズファンクなど)、ルーツロック、ルーツレゲエなどルーツ(Roots)系の総称(仮称)

Roots Groove:ルーツ系グルーブ(民族音楽・ルンバ・アフロジャズなど)。ざっくりいえばレアグルーブ+民族音楽。

※おことわり

アルバム画像は取扱い店(レコード会社、レコードショップ、Amazon・楽天・Yahoo!などの通販サイトなど)にリンクしています。

【SSM音盤】SweetSoilMusic音盤音源のおと(ノート):

当サイトSweet Soil Music(以下「SSM」と略)おすすめの音盤(レコード・CD等)や音源(音楽配信等)をご紹介するコーナーです。

1968 Roots アフロ・キューバン諸宗教の音楽

1. (アララのフォダンの歌と踊り)エビオソ|ダルア|アホシ|オフン・デガラ
2. (ハイチ人のヴードゥーの儀式と踊り)ガガの踊りと行列の開始|ダホメーのダンス(ヤンヴァロゥ)|ヴードゥー・ダンス
3. サンテリア(バタ)
4. コンゴ教団/パロ・モンテ
5. (サンテリア(アブウェス))オチュンに捧げる歌|チャンゴに捧げる歌|オッグンに捧げる歌
6. アバクワのウェンバ
7. タンボール・ユカ
8. (ルンバ)グァグァンコ|コルンビア

Les danses de dieux / CUBA現地録音

レビュー(※個人の感想です)

ジャンル的には宗教音楽の音源なので例えばクラブなどのDJユースとしての利用ははばかられますが筆者が聞いたルンバ系音源では最も深いアフロキューバングルーブ(Afro Cuban Groove)を感じる音盤です。

(ここではアフリカの民族音楽系太鼓音源やアラブ、インドなどとの比較はしていませんが、筆者が所有する約100枚強の太鼓系「名盤」のなかでは少なくとも10本の指に入る太鼓音源。努めて控えめに書こうとしてますが個人的には後光と涎がとまらないヤバい激名盤。ただ廃盤で莫迦高値になってるのでそこは申し訳ない。あまりセールス的には言いたくないのですがむしろ公共の図書館とかで探してみてください(笑)。)

ごく個人の感想ですが、サンテリアの儀式パレード音源ながらハイチのチロロ(Tiroro)より聞きやすく(逆にチロロがルーツすぎるという逆説でもありますが)。むかし筆者が大枚はたいて購入したSabu(SABU MARTINEZ)などのアフロキューバンジャズ名盤が正直これを聴いたあとではやや霞んでしまったという個人的に思い出深い一枚。)

まあとにかく個人的にはイチオシです。


※こちらはオリジナルはフランスのオコラ(Ocora)レーベルの作品ですが、日本ではキングレコードの地球の祈り-世界宗教音楽ライブラリー-・シリーズ(全50タイトル)で発売された作品です。

キングレコードさんで再発する時はぜひVynal盤でといいたいところですがリアル宗教音楽なのでDJクラブユースがどうなのか。その辺は少々心配。そこも「アフロキューバン宗教文化講座」などとしっかりした名目で踊れば良いのでしょうか。

余談ですがキングレコードさんはいまやももクロ人気でJPOP路線のイメージが強いかもしれませんがももクロ以前は民族音楽といえばキングレコード(それ以前はビクター)というほど造詣の深いレコード会社さま。(正直民族音楽ファンは売り上げに貢献せずそのせいで傾いたのではとよけいな杞憂を抱いていましたが苦笑。もしももクロで経営改善したらこっちの民族音楽系も再発してほしいですね。ももクロ3回連呼した(;´∀`)しかしそうなるとももクロのもとのジャンルは日本の民族音楽系インディーズということになっていたのだろうか。その辺は当時のキングさんがどんな見方をしていたのか興味深いところではある。

2005/Roots/Afro-Cuban Music From The Roots

10 TRACKS:
1) Afro Cuba – Introduction By Poet Pedro Perez-Sardey
2) Afro Cuba – Camaguey
3) Afro Cuba – Muerive Yo Dila (Mason)
4) Afro Cuba – Mapua Live (Yuba)
5) Afro Cuba – Vamos A Dividir (Mason)
6) Afro Cuba – Tambores 1
7) Afro Cuba – Ven Mi Morena (Tahona)
8) Afro Cuba – Muedine Consa (Yuba)
9) Afro Cuba – Societe Guantanamo (Mason)
10) Afro Cuba – Tambores 2

2005年現地録音盤。英国SOUL JAZZレーベルの≪AFRO-CUBA≫シリーズ第1弾。≪TUMBA FRANCESA LA CARIDAD DE ORIENTE≫が、キューバ国営≪EGREM≫スタジオにて2005年に録音。

古い音盤はヴィンテージ感もあってそれはまあ素晴らしいのですが、アフロキューバに情熱を注ぐUKレコード勢の企画盤も良いものがあります。

2007/Roots/Grupo Oba-Ilú – Drums of Cuba: Afro-Cuban Music From the Roots

収録曲
1 Elegua (Latopa) 1:55
2 Oggún 2:50
3 Ochosi (Agüere) 4:41
4 Chango (Bayuba) 2:35
5 Oyá:Abakuá (Tuitui) 1:12
6 Agayu:Toque (Changó-Rumba) 3:52
7 Yuka 2:28
8 Makuta 4:08
9 Palo 2:19
10 Bembé 2:27
11 Güiro 2:58
12 Iyesá (Variant 1) 4:08
13 Iyesá (Variant 2) 4:58
14 Arará (Variant 1 – Mase) 4:49
15 Arará (Variant 2 – Soyi) 3:44
16 Arará (Variant 3 – Gervioso) 2:15
17 Abakuá 5:21

アーチストGrupo Oba-Ilú


ディスコグラフィ

Albums
Grupo Oba-Ilú – Santeria アルバムアート
Santeria
2 バージョン Soul Jazz Records 1998
Grupo Oba-Ilú – Drums Of Cuba アルバムアート
Drums Of Cuba
2 バージョン Soul Jazz Records 2007

レコード

Drums Of Cuba (Vinyl, LP, Album)

ディスコグス Discogs

レゲエレコードドットコム ReggaeRecords.com (Dub Store Sound Inc.)

Grupo Oba Ilu - Afro Cuba: Drums Of Cuba, Afro Cuban Music From The Roots (2LP)(LP レコード) - レゲエレコード ドットコム / ダブストア レコード マート : ReggaeRecord.com / Dub Store Records
Grupo Oba IluのLP レコード「Afro Cuba: Drums Of Cuba, Afro Cuban Music From The Roots (2LP)」を紹介しています。詳細は以下のとおりです。 レーベル:Soul Jazz Records UK、価格:¥1,680、ジャンル:アフロ・キューバン/ル...

Grupo Oba-Ilú ‎– Drums Of Cuba
レーベル:
Soul Jazz Records ‎– SJR LP162
フォーマット:
2 × Vinyl, LP, Album
国・地域:
UK
リリース済み:
2007
ジャンル:
Jazz, Folk, World, & Country
スタイル:
Afro-Cuban

(CD)

Drums Of Cuba (Afro-Cuban Music From The Roots) (CD, Album) アルバムカバー
Grupo Oba-Ilú ‎– Drums Of Cuba (Afro-Cuban Music From The Roots)
レーベル:
Soul Jazz Records ‎– SJR CD 162
フォーマット:
CD, Album
国・地域:
UK
リリース済み:
2007
ジャンル:
Jazz, Folk, World, & Country
スタイル:
Afro-Cuban

Grupo Oba-Ilú - Drums Of Cuba (Afro-Cuban Music From The Roots)
Discogs: 2007 CD, Drums Of Cuba (Afro-Cuban Music From The Roots). リリースのクレジット、レビュー、トラックを確認し、購入。

会社名など
Phonographic Copyright (p) – Soul Jazz Records
Copyright (c) – Soul Jazz Records
Recorded At – Estudios ICAIC

クレジット
Artwork By [Design] – Adrian Self, Reese Icicle
Engineer – Andres Disotuart, Isnavi Cardoso Diaz, Jesus Pineda
Leader [Band Leader] – Gregorio Hernandez*
Liner Notes [Sleevenotes] – Pedro Perez Sarduy
Other [Co-ordination] – Angela Scott, Pedro Perez Sarduy
Performer [Musician] – Dario Rivera Velazquez, Gregorio Hernandez Rios*, Lazaro Gregorio Hernandez, Pedro Francisco Almeida Berriel, Ricardo Eulogio Corominas, Roman Justo, Yelien Casado Garcia, Yoendris Hernandez Boch
Photography – David H. Brown

ノート
Recorded at Estudio ICAIC, Havana, Cuba.

C & P Soul Jazz Records 2007

まとめ

ここではとりあえず3枚ほどおすすめをご紹介しました。

その他最近のキューバのルンバ系グループ(ムニェキートマタンサスなど)も素晴らしいキューバン・ルンバのアルバムを発表しています。そちらはまた機会があればご紹介したいと思います。

ご覧頂きありがとうございました。


脚注

掲載アルバムについて
掲載しているアルバムは基本的に筆者が実際に購入したものに限っています。よって、完全な大衆音楽年表※でも、いわゆるディスコグラフィ※は異なります。※学術的に完全な

あとがき(らくがき)


スポンサーリンク